深夜ニュース女子アナ満開エロ下半身 井上あさひ、有働由美子、小川彩佳、徳永有美、大江麻理子,312;

「外で夕飯がてら一杯やって、家帰って風呂に入って、ニュース見て寝るのがいつものパターンなんだけど、どのチャンネルを見たらいいのか迷ってしまいますね」(おやじサラリーマン)

 4月から夜11時台のニュースが熱くなる。
「各テレビ局が飛びっ切りの女のコ、いや失礼、人気と実力の備わった女子アナ・キャスターを配しているからです」(女子アナウオッチャー)

 チャンネル順に、NHKから見て行こう。
「深夜に“あさひ”を見るこんな贅沢はありません」(女子アナライター)
『ニュースきょう一日』のキャスターに就任するのは、『ニュース7』土・日・祝日担当から“栄転”の井上あさひアナ(37)。

 発表会見で井上アナは、
「ゆっくりとくつろぎながら、スマホ片手にニュースをチェックするような番組です」と紹介した後、
「翌日に向け、知っておきたい情報を提供できれば」
 と抱負を語った。

 井上アナは入局後、鳥取、広島を経て2009年、東京へ。その後、京都支局へ異動したあと、一昨年から再び東京へ戻って来た。
「一見、スキのない“クールビューティー”に見えますが、実は大の子供好きで、幼稚園と小学校の教員免許を持っています」(NHK関係者)

 特技は琴。中学時代、全国大会で3位という腕前だ。
「それでいて大食いの大酒飲み。“元祖カープ女子”でもあります」(スポーツ紙記者)

 4月から“産・育休”に入る予定の『ニュース7』平日担当の鈴木奈穂子アナとは同期の井上アナ。
「“色気”という点においては、井上アナの方が断然上。中高年男性から圧倒的な支持を得ています」(女子アナライター)

 担当の『歴史秘話ヒストリア』では、着物姿も披露。
「下着のラインが出るのはイヤというので、“ノーパン”で収録に臨んだという“伝説”がある。深夜帯だけに、彼女のスカートのスリットの切れ込みが深〜くなる可能性があります」(前出・女子アナライター)

 昨年10月から『news zero』(日本テレビ系)のMCを務めている元NHKの有働由美子(49)は、今年に入ってからも相変わらず悪戦苦闘中だ。
「昨年暮れに発表されたオリコンによる『好きな女性アナウンサーランキング』では、見事1位に輝いたんですけどねえ」(テレビ局関係者)

 スタート時の視聴率は2ケタをマークしていたが、その後はジリ貧状態だ。
「『嵐』が活動休止を発表した時こそ、櫻井翔が同番組のレギュラーだった関係で2ケタ超えを果たしましたが、現在は1ケタ台に逆戻り。有働は“私って、持ってないなぁ〜”と嘆いているそうです」(芸能ライター・小松立志氏)

 同じ事務所の“心友”マツコ・デラックスと早くも老後のことを話し合っているという有働だが、起死回生策がないわけではない。
「最低でも7時間以上は飲まないと酔えないという彼女の酒豪伝説は有名ですが、このところ、NHKの元同僚たちに会っては“またNHKで使って”と営業活動をしているようです。でも、そんなことをする前に、五十路ヘアヌードにチャレンジすれば、一気に“夜のニュース女王”になると思うんですけどね」(芸能レポーター)

 “兆し”はすでに『文藝春秋』3月号にあった。
「彼女の連載対談コーナーに、写真家・篠山紀信氏を迎えたのですが、なんと、アメリカ・ニューヨーク支局時代にヌード撮影を極秘に行っていたことを明かしたのです」(前出・女子アナライター)

 撮ったのは、現地のイスラエル系のおじいちゃんカメラマンだったという。
「もちろん、日の目を見ることはありませんでしたが、やる気があるのは明らかです。88センチのEカップで、乳首はピンク色という彼女のおっぱい。五十路入り(3月22日で50歳)を記念して、是非、チャレンジして欲しいものです」(ワイドショー関係者)

関連記事(外部サイト)