すでに視聴者に飽きられていたカトパン

すでに視聴者に飽きられていたカトパン

(提供:週刊実話)

元フジテレビでフリーの加藤綾子アナウンサー(33)がメインキャスターを務める、同局系新報道番組「Live News it!」(月〜金曜・後4時50分、初回は後3時50分)だが、1日放送の初回平均視聴率が4・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 一部スポーツ紙によると、新番組の視聴率は午後3時50分から同4時50分が2・4%、午後4時40分から同5時53分が3・2%、午後5時53分から同7時が4・6%。午後5時53分からの時間帯では3月29日に終了した前番組「プライムニュースイブニング」最終回の4・9%を0・3ポイント下回ってしまったというのだ。

「報道番組のキャスター初挑戦のカトパン。そんな目新しさを狙ってキャスターに起用したものの、視聴者はあまり興味がなかったようだ。というのも、夕方のニュースの視聴者層は主婦。独身で華やかな生活を送っているカトパンに主婦が共感できるはずがない」(芸能記者)

 ましてや、前番組よりも視聴率がダウン。そのうち、局内から不満の声が高まりそうだというのだ。

「カトパンにはかなりのギャラが支払われていると聞いている。制作現場にはコストカットの嵐が吹き荒れているのに、なぜ、わざわざ高い金を払って数字が取れない元社員を使うのか疑問」(フジ関係者)

 初日で早くも“キャスター失格”の烙印を押されてしまったようだ。

関連記事(外部サイト)