イチローMC獲得に、有働由美子VS加藤綾子のバトル激化か 木村拓哉との共演話も

記事まとめ

  • プロ野球選手を引退表明したイチロー外野手の囲い込みのため、各テレビ曲が動き出した
  • 『news zero』有働由美子と『Live News it!』加藤綾子のバトル勃発を推測
  • イチローには映画『懐かしき友はいずこに…』(仮題)で木村拓哉との共演話もあるらしい

イチローMC獲得に有働由美子VS加藤綾子が巨乳誘惑バトル激化

プロ野球選手としての第一線から引退することを表明したシアトル・マリナーズのイチロー外野手(45)を巡ってテレビ界がとんでもないことになっている。

 引退後の詳細については、まだ何も語っていないイチローを囲い込もうと早くも各テレビ局が動き出したからだ。中でも必死になっているのが日本テレビとフジテレビ。イチローを“籠絡”、いや“説得”しようと両局はスペシャルな“独身女刺客”を送り込んだ。

 日テレの期待を一身に背負って立つのが『news zero』のメインキャスターを務める有働由美子(50)。対するは、4月からフジでスタートする報道番組『Live News it!』のキャスターに抜擢された加藤綾子(33)。巨乳美女の仁義なきバトルが勃発したのだ。

 それこそ、必死なのが有働だ。イチローの最後の試合となった大リーグ開幕第2戦(対アスレチックス、3月21日東京ドーム)を中継したのは日テレ。平均視聴率12・6%(関東地区)と昨今の野球中継では見られない高視聴率を記録した。

 「有働は試合後に行われたイチローの引退会見を23時スタートの『――zero』で生中継できると小躍りしていたんです。肝心の野球中継は日テレの編成部のジャッジミスで21時で打ち切ってしまった。視聴者からのクレームがネットや電話で数千件も寄せられたんです。有働は高視聴率を取るチャンスだと思い、予定していた企画をすべて潰して引退会見を放映させようと考えていた。時間が間に合えば、自分が東京ドームに乗り込む覚悟でいたんです」(日テレ宣伝部関係者)

 ところが、番組内で『このあとすぐ会見』とテロップで表示しながらも、会見は始まらなかった。結局、『――zero』の放送終了時刻である24時直前にようやく始まったものの、わずか1分足らずで中継を打ち切ってしまった。

 「有働は珍しく激怒し、編成部の対応に『信じられない。物事の優先順位が分かっていない』と席を蹴るように立ち、そそくさと帰ってしまったんです。反省会にも出席しなかった。なんでもイチローとはNHK時代に野球担当をしていた頃から互いを知った仲。当時は熱心に取材するあまり、有働がイチローに惚れているという話まで浮上したほどだったんです。さらに、当時はイチローの妻で元TBSアナだった福島弓子さん(53)と犬猿の仲という情報まで出回っていた。互いにライバル視していたのかもしれません。いまは有働とは親しい間柄です」(テレビ関係者)

 仮に『――zero』で生中継が実現していれば、有働はイチローとの親密さを猛アピールできたばかりか、同番組のPRにも大貢献できた。

 「悔しがった有働は番組終了後にイチローの携帯に留守電を残しています。とにかくインタビューがしたい旨を伝えたそうです」(同)

 しかも、有働が狙っているのは、1回きりで終わる企画だけではなかった。『――zero』でスポーツのご意見番かMCとしてキャスター席に座ることまで提案しているのだ。

 「驚くのはイチローの所属先です。自分や先輩であるマツコ・デラックス、『くりぃむしちゅー』が所属する事務所に推薦したというんです。イチローの代理人であるジョン・ボッグス氏にも知己がありますからね。事実なら有働は芸能プロの経営者としても十分才覚がある。もっとも、イチローをめぐっては和田アキ子がホリプロ入りを熱心に進めているそうで、所属先バトルにも目が離せません」(芸能プロ関係者)

 いわばイチロー獲得では有働の独壇場。それに対し、密かな闘志を燃やしているのがフジを代表する加藤だ。フリーアナになる前に担当していた『スポーツLIFE HERO’S』のMC時代に培った人脈を駆使し、有働に対抗しようとしているのだ。

 「加藤はシカゴ・カブス所属のダルビッシュ有やロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平と交流があります。そもそも、それぞれと熱愛説が報じられたほど。こうした人脈を生かし、何とかイチローの懐に飛び込もうとしています」(フジテレビ制作関係者)

 来たる東京五輪を目前に控え、加藤も有働と似たようなイチローの起用方法を考えているという。

 「スポーツ全般に『Live News it!』で語ってもらうんです。イチローはとにかく勉強家。他のスポーツ競技でもとことん調べ上げてくる。出演してくれれば、大注目になりますからね…」(同)

 皮肉なことに、有働も加藤も“視聴率を取らないとリストラ”になる環境に置かれているのだ。

 「イチローを出演させるのなら、それこそ体を張ってでも個人的に接触すると思います。昔なら自慢の巨乳の谷間を露わにし、パンスト越しのセクシー下着が見えそうなミニスカ姿でアプローチしたでしょう。しかし、有働と加藤は、もうそんな年齢ではない五十路と三十路。むしろ大人の女としての色気で勝負に出るはずです」(業界消息筋)

 こんな未確認情報も入手した。
「あくまでも噂ですが、イチローはピチピチの若い子は苦手。何でも40歳以上の女性の方がタイプだというんです。確かに、奥さんも年上です。有働の方が若干優勢かもしれません」(スポーツ番組ディレクター)

 イチローにはMC以外にも、さまざなオファーが舞い込んでいる。俳優だ。映画『懐かしき友はいずこに…』(仮題)で木村拓哉との共演話があるのだ。

 「まだ企画段階ですが、イチローは無口な暗殺者役として登場するというんです。木村はイチローを追い詰めるノンキャリアの所轄刑事。ジャニーズ全面協力のもと、木村の愛娘であるKōki_が初出演する話まである」(ジャニーズ事情通)

 有働と加藤のナマ巨乳に“イチコロ”?

関連記事(外部サイト)