浜崎あゆみ“愛犬とのラブラブ写真”に辛口意見集中「世話はスタッフ任せなんでしょ?」

浜崎あゆみ、”愛犬とのラブラブ写真”投稿 「世話はスタッフ任せ」など辛口意見集中

記事まとめ

  • 浜崎あゆみが首に黒いリボンを巻いた姿で愛犬とのキスショットをインスタグラムに公開
  • 「二重幅と鼻筋に違和感ある…」など写真加工や整形を疑う声や、犬を哀れむ声もあがる
  • 浜崎は犬の多頭飼いをしているが、お世話をするのはスタッフの仕事だという

浜崎あゆみ“愛犬とのラブラブ写真”に辛口意見集中「世話はスタッフ任せなんでしょ?」

浜崎あゆみ“愛犬とのラブラブ写真”に辛口意見集中「世話はスタッフ任せなんでしょ?」

(提供:週刊実話)

歌手の浜崎あゆみが3月29日に自身のインスタグラムへアップした写真に批判が集まっている。この日の浜崎は黒いハートと犬の絵文字、そして4月6日、7日に『さいたまスーパーアリーナ』で行われる自身のライブの宣伝らしきコメントとともに、首に黒いリボンを巻いた姿で愛犬とのキスショットを公開した。

 この投稿には4月3日現在で4万2千件以上の「いいね!」が付き、ファンからは「かわい過ぎて…どうしよう」などの声が上がっている。

https://www.instagram.com/p/Bvlw8eknhV0/

 しかし、一方では「二重幅と鼻筋に違和感ある…」「鼻に何か入ってる」「鼻ヤバ過ぎ」「加工なのか整形なのか。最近、顔に違和感しか感じない」などと、写真加工や整形を疑う声や、さらには犬を哀れむ声も…。

《写真撮るときだけ利用される犬》
《本当は犬のことは全くどーでもいいカメラ目線がウケる》
《犬が懐いてないように見えるんだけど。犬の世話は自分はしないで全部スタッフに任せてるんでしょ?》
《頼むから犬を解放してあげて。見ててつらくなるわ》
 などと、浜崎に抱かれた犬への同情に加え、
《誰かコイツから犬たちを救い出してやってよ。すべて性質の違う異常な数の多頭飼い。短命の子や突然死が多い。てめえじゃ餌も散歩もしない。怖過ぎるわこれ》
《病気になった犬は話題作りに利用できるとそのときだけ自宅へ連れてきて自撮りして、犬のえさにはカステラやメロンパン。しかも毎日与えてるとテレビでドヤ顔。犬の飼い方知ってから大嫌いになりました》

 などと、浜崎の犬の飼い方についての批判の声も集まった。

 浜崎が犬の多頭飼いをしているのは有名な話。現在は7匹もの犬を飼っている。しかし、お世話をするのはスタッフの仕事。以前、浜崎がテレビ出演した際に“散歩係”や“エサ係”、“ウンチの処理係”など犬の世話だけで数人の専属スタッフがいると告白している。そのことを思い出したネットユーザーが批判をしているのだ。

 浜崎が2016年に「家族のメンバーとして迎える際にはよく考えていただきたいのです、本当に一生一緒に生きて行く覚悟があるのかを」と、ペット問題についてメッセージを発信したときも、
《お前が言うなこの糞ババア》
《言ってることはもっともだけど、この人ってたくさん犬飼って、面倒は違う人が見てるんでしょ? 説得力ないわ》
《ちゃんと全部1人でお世話をしてたら言ってもいいと思うけど…》
 と、こちらも猛批判を浴びた。

 動物愛護の精神を見せるのは結構だが、言行不一致は批判されるだけである。浜崎はまず愛犬たちの面倒を自分で見ることから始めたらいいかもしれない。

関連記事(外部サイト)