八木亜希子、TBS系ドラマ『集団左遷!!』で福山雅治の妻役に 入浴シーンを自ら志願か

記事まとめ

  • 八木亜希子が4月スタートのTBS系ドラマ『集団左遷!!』で福山雅治の妻役を演じる
  • 本作で八木は視聴率獲得のため、入浴シーンを自ら志願しているとの話も
  • 八木はNHK大河ドラマ『真田丸』やTBS系『カルテット』などで好演、高評価を得ている

入浴シーンも自ら志願!? 八木亜希子の完熟濡れ場

女優活動に力を入れ始めた元フジテレビ局アナの八木亜希子(53)が、4月スタートの『日曜劇場 集団左遷!!』(TBS系)で主演・福山雅治(50)の妻役を演じることが決まり、期待が高まっている。

 というのも、福山相手に五十路ならではの完熟濡れ場を披露する可能性があるからだ。

 「『集団左遷!!』は、銀行の支店長役を演じる福山と部下らによる下克上ストーリー。八木は激動の銀行業界に身を置く夫を“癒やす”役割となるだけに、夜のベッドシーンは避けて通れない。実際、八木も“必要であれば濡れ場は全然OK”とやる気満々。実は、八木のファンだった福山も八木のEカップとされる衰えぬ美貌に“八木さんとのベッドシーンなら本気になっちゃうかも”と半分本気で話しているそうです」(TBS関係者)

 実際、五十路ならではの大人の場面が織り込まれる予定とされる。日曜劇場はTBSの看板ドラマ枠だけに、大コケは許されないからだ。しかも福山主演。

 「八木は本気で数字をとりにいく決意で、入浴シーンを自ら志願しているそうです。ベッドシーンではTバックのランジェリーで、仕事で疲れ果てた福山を包み込む…。福山は吹石一恵との離婚説も出ているだけに、八木の“超絶寝技”に即KOされるかもしれませんよ」(同)

 2000年にフジテレビを退社し、フリーになった八木は、'16年にNHK大河ドラマ『真田丸』、'17年『カルテット』(TBS系)、'18年『黄昏流星群』(フジテレビ系)など話題作に出演し、女優として高評価を得ている。

 そんな八木が意識しているのが、フジテレビ時代に「花の三人娘」と呼ばれた同期の河野景子だ。

 「昨年、元貴乃花親方と離婚して注目を浴びる河野景子に対し、八木はフジ時代から強烈なライバル心を抱いてきました。今回、福山雅治の妻という重要な役を受けた背景には、河野への“女のライバル心”があるとみて間違いありません」(スポーツ紙記者)

 次は、お色気ガチ勝負?

関連記事(外部サイト)