今度は文化人路線で売りにかかったカトパン

加藤綾子が自身初のビジネス書を出版 女優とキャスターの次は文化人路線に進出か

記事まとめ

  • 加藤綾子がビジネス書『会話は、とぎれていい』を出版するとスポーツ紙が報じた
  • これまでに出会った著名人から得た会話のヒントについてつづったものだという
  • キャスターに失敗した場合、文化人路線で売り出したいからだと記事は述べている

今度は文化人路線で売りにかかったカトパン

今度は文化人路線で売りにかかったカトパン

(提供:週刊実話)

元フジテレビアナウンサーでフリーの加藤綾子(33)が、12日に自身初のビジネス書「会話は、とぎれていい 愛される48のヒント」(文響社刊)を出版することを、一部スポーツ紙が報じている。

 記事によると、同書は加藤がこれまでに出会った著名人から得た会話のヒントについてつづったもの。タレント・明石家さんま(63)、タモリ(73)、エッセイスト・阿川佐和子さん(65)ら、会話のプロとのエピソードを紹介している。

 加藤アナは、今月1日にさんまと共演した際、著書の出版を報告。タイトルを知ったさんまから、「えっ、会話は途切れたらアカンで!」とバッサリ“全否定”されたそうで、「第2弾は『やっぱり、会話はとぎれたらダメ』という本を出します」と苦笑いを浮かべたという。

 「キャスター初挑戦のうちの夕方のニュース番組が早くもコケてしまったカトパン。記事を見て、局内では『本なんか出してる場合じゃないだろ!』と怒りの声があがっています」(フジテレビ関係者)

 加藤アナがキャスターをつとめる同局の「Live News it!」はスタートしたばあkりといえども、低視聴率の場合には容赦なく打ち切りになる可能性もありそうで、加藤アナとしては、そうなった場合の“保険”がほしいところか?

 「本を出して文化人路線に進出したいという思いが伝わって来ます。昨年、連ドラで女優デビューしたものの、評判はイマイチ。キャスターも失格となれば、別の道で稼ぐしかありません」(芸能記者)

 加藤アナに求められているのは会話術より数字のようだ。

関連記事(外部サイト)