ぶっ飛び過ぎた発言でメンタルの状態が危惧される吉高由里子

吉高由里子がドラマ試写会で「ギャン泣き」告白 関ジャニ∞の大倉忠義と破局報道も

記事まとめ

  • 吉高由里子がTBS系ドラマ「わたし、定時で帰ります。」試写会に出席した
  • 吉高は「ここに立ちたくないくらいメンタルえぐれていた」と告白
  • 吉高といえば、関ジャニ∞の大倉忠義と昨年の年明けまでに破局したことが報じられた

ぶっ飛び過ぎた発言でメンタルの状態が危惧される吉高由里子

ぶっ飛び過ぎた発言でメンタルの状態が危惧される吉高由里子

(提供:週刊実話)

優の吉高由里子(30)が8日、都内で開かれた16日スタートの主演するTBS系ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の完成披露試写会に出席したことを、各スポーツ紙が報じた。

 同ドラマは、朱野帰子氏の同名小説が原作。「定時で帰る」をモットーとする吉高演じる主人公・東山結衣がくせ者ぞろいの上司や同僚たちの間で奮闘する姿を描くワーキングドラマ。

 各紙によると、吉高は役柄になぞらえて「頑張りすぎないニューヒロインを演じます」とゆる〜いあいさつ。ところが、仕事上でのモットーを聞かれると、「切り替えること」とし、「昨日すごい落ち込んで…」と前日の出来事に言及。

 具体的には明かさなかったというが、「ギャン泣きするわ、べそかくわ。恥ずかしい話しなのですけど、ここに立ちたくないくらいメンタルえぐれていたのですけど、切り替えて」と告白したというのだ。

 「そこまで話しておいて、『今日はみんなに会えたので来て良かった』と満面の笑み。昔からぶっ飛んだ性格なのは知られていましたが、会場では『大丈夫なの?』と言動を危惧する声があがっていました」(会見に出席した記者)

 吉高といえば、16年7月に関ジャニ∞大倉忠義との交際が発覚したが、昨年の年明けまでに破局したことが報じられた。その後、新たな恋の話はまったくない。

 「大倉に対して吹っ切ったと思ったら、また未練が“再燃”してきたり、めまぐるしい心の移り変わりのようです。復縁しない限りメンタルは正常に戻らないでしょう」(芸能記者)

 ドラマの放送中、吉高が“プッツン”してしまわないかが心配される。

関連記事(外部サイト)