人気声優の伊達朱里紗が『プロ雀士』に! 今、アイドル界で“麻雀”枠が熱い!

人気声優の伊達朱里紗が『プロ雀士』に! 今、アイドル界で“麻雀”枠が熱い!

(提供:週刊実話)

TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』の難波笑美役で知られる声優の伊達朱里紗が、4月7日、日本プロ麻雀連盟所属の麻雀プロになったことを自身のツイッターに発表した。

https://twitter.com/_datex_/status/1114869780366807042

 伊達は「このたび日本プロ麻雀連盟所属の麻雀プロになりました! とうとう本物の伊達プロになります!笑 去年の夏に願書を提出して、ついに皆さまにご報告できました。プロの名に恥じないよう、たくさんの方に応援していただけるよう、頑張ります! 引き続きあたたかい声援を送っていただければ幸いです」などとコメントすると、ネット上では、
《とうとうプロか。すげーな》
《期待しています!》
《マルチぶりがすごいなー》
 など、ファンからの応援の声が殺到した。

 「伊達は声優の中でも麻雀の“スゴ腕”として有名で、麻雀アニメ『咲-Saki-』に登場する麻雀部の高校生・上重漫役も務めていたことから、ファンからは“伊達プロ”と呼ばれています。過去にはツイッターで、ファンから『何をしてるときが一番楽しいですか』と聞かれ、『麻雀!!!!!!』と答えるほどです。また、たびたび、ツイッターに自分で描いたイラストをアップしており、その画力が“プロ並み”といわれるほどうまいことでも知られています。器用に何でもこなすので、麻雀の腕もなかなかと評判です」(声優雑誌ライター)

 伊達の他にも、元『NMB48』の須藤凛々花は麻雀好きアイドルとして知られている。また、最近では『SKE48』の須田亜香里が『Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ』の最終日、3月31日の記者会見で「麻雀プロを目指してみたい」と告白したことが話題になった。須田は会見で将来のプロ入りについて問われると「私でいいなら麻雀プロを目指してみたいという意欲は、実はちょっとあります。まだきっとナメんなと言わちゃうぐらいのレベルですけど」と答え、プロ入りに前向きな姿勢を見せている。

 「競争の激しいアイドル業界で、麻雀は生き残りをかけた分野でもあるんです。“ニッチ”ゆえに熱心なファンが多く、顔を売ることができればかなりの営業力アップにつながります。また、女性が参入するにはハードルも低く、旨味も大きいでしょうね。歌や演技で実力者と競争するよりも、有名になれる可能性も高い。これからも参入する女性アイドルが出てくると思いますよ」(芸能記者)

 中高年層にはおなじみの麻雀だが、近年は娯楽の多様化もあり、一時の勢いはすっかり衰えている。しかし、その分、根強い人気を誇っているのも確かだ。伊達のような麻雀アイドルが、新たな麻雀ブームの一翼を担っていくことを期待したい。

関連記事(外部サイト)