うっかり発言で中国人ファンを刺激してしまった山P

中国版Twitter・微博のアカウントを開設し、頻繁に更新している山Pこと山下智久だが、主演ドラマ「インハンド」(TBS系)の番宣で出演バラエティー番組「『ぴったんこカン・カン」(同)での発言をめぐり、中国で批判の声が高まっているという。

 同番組内で山下は、海外に友人が多くいるという話題になった際、友人たちの国籍について「アメリカ、中国、タイ、韓国、台湾、マレーシア」と発言。台湾を国籍として挙げたため、「中国の一地域」を主張する中国人たちを刺激してしまったようだ。

「現在は削除されてしまったが、同番組の放送直後から、微博などのSNSでは、山下の発言部分を切り取った動画が中国語字幕付きで拡散された。山下の微博のコメンント欄には、〈ずっとあなたのファンだったのに残念。もっと勉強してください〉、〈謝罪してください〉んどの批判が殺到してしまった。山下もそうだが、番組のスタッフも不勉強。事情を知っていれば、カットするなり撮り直すなりできたはず」(中国問題に詳しいジャーナリスト)

 今年1月公開の中国・香港合作映画「サイバー・ミッション」(リー・ハイロン監督)が初の海外作品となった山下。番組放送後、微博を更新していないが、今後、中国進出を目指すならば謝罪する必要がありそうだ。

関連記事(外部サイト)