気になる卒業後のNGT48・山口真帆の“商品価値”

【NGT48山口真帆が卒業】卒業後の事務所決定か テレビ局関係者「需要はない」

記事まとめ

  • 暴行被害を受けた山口真帆が21日の公演でNGT48からの卒業を発表した
  • 一部夕刊紙によると、山口は複数の芸能事務所からオファーを受けているという
  • テレビ局関係者は「特に芸がないのでいつまでもつことやら」と述べている

気になる卒業後のNGT48・山口真帆の“商品価値”

気になる卒業後のNGT48・山口真帆の“商品価値”

(提供:週刊実話)

21日の公演でグループからの卒業を発表した、NGT48のメンバーで昨年12月に男2人から暴行被害を受けた山口真帆(23)が、複数の芸能事務所からオファーを受けていることを、一部夕刊紙が報じた。

 記事によると、水面下では、卒業後にソロとして芸能活動を継続する方向で話が進んでいるという。他のアイドルグループへの移籍も検討され、その中には乃木坂46など坂道グループも入っていたが、結局、実現せず。

 山口の元にはいくつかの事務所からオファーがあり、すでに事務所は決定しているとの情報もあるのだとか。卒業公演前には発表され見込みだというのだ。

「なんとしてでも芸能活動を続けたい山口が、運営と掛け合い、卒業するにあたっての条件として、受け入れ先を見つけさせようです。それなりの大手が見つかったようで、山口も納得したのだとか」(芸能記者)

 21日の公演、山口は書面を読み上げ、グループの“浄化”のために声をあげたものの、運営側からは“逆賊”扱いされ卒業を決意したことを明かした山口。
 ファンたちの間ではすっかり“ジャンヌ・ダルク”のように祭り上げられているのだが…。

「ソロ活動したとしても、話題性のあるうちはいいが、特に芸がないのでいつまでもつことやら。それに今回、1人で“反乱”を起こして大騒動に発展させただけに、新事務所のスタッフや共演者は腫れ物に触るように接する必要がありそうです。なので、そこまで需要があるかと言われれば、ないでしょう」(テレビ局関係者)

 とりあえず、どこの事務所に所属するのかが注目される。

関連記事(外部サイト)