ピエール瀧被告との2ショット写真公開でまたまたあらぬ疑いがかけらそうな石野卓球

ピエール瀧被告との2ショット写真公開でまたまたあらぬ疑いがかけらそうな石野卓球

(提供:週刊実話)

テクノユニット・電気グルーヴの石野卓球(51)が25日、自身のツイッターを更新し、月、大麻薬取締法違反で逮捕・起訴された相方のピエール瀧被告(52)と1カ月半ぶりに再会したことを報告。肩を組む2ショット写真を公開した。

 石野は「一ヶ月半ぶりに瀧くんと会ったよ。汗だくになるほど笑った!」とつづり、2点の写真を連投。写真には続々とネットユーザーから「いいね」が付けられ、
〈親友って幾つになっても良いものだなっては思う〉、
〈何があっても離れない親友や支援者の存在は、間違いなく大きな力になる〉
などと、好意的な声が続々と寄せられた。

 その一方で、
〈そんなに仲が良いなら卓球も知ってたはず〉、
〈捕まったことも含め「良い話」になってきてるのが凄い違和感〉
などと、批判的な声も寄せられるなど賛否両論が巻き起こっている。

「すでに、一部週刊誌などで20年以上前から2人がクラブイベントでガンガンにキメていたことが報じられている。なので石野にも疑惑の目が向けられるのは仕方がないこと」(芸能記者)

 また、今後、石野がどれだけ瀧被告の更生に尽力しようとしているかの“本気度”が明らかになりそうだというのだ。

関連記事(外部サイト)