深刻過ぎる“メディア離れ”が進みそうな48グループ

深刻過ぎる“メディア離れ”が進みそうな48グループ

(提供:週刊実話)

国内のAKB48グループ6組が出演するフェス「AKB48グループ春のLIVEフェス」が27日、神奈川・横浜スタジアムで行われ、渦中のNGT48が出演しことを、各スポーツ紙が報じている。

 NGT48といえば、昨年12月に暴行被害を受けた山口真帆(23)と、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)が、今月21日に卒業を発表し、チームが解体されてから初のステージ。

 各紙によると、荻野由佳(20)や中井りか(21)ら17人は笑顔でパフォーマンスし「青春時計」など7曲を披露。しかし、卒業発表した3人が出演しなかったためか、観客の反応は他のグループに比べて盛り上がりに欠け、一部からは山口の愛称である「まほほん」のコールが起こる一幕もあったというのだ。

 「歓声もさっぱりで、曲に合わせてのっているファンもあまりいなかった。事件による“ファン離れ”がかなり深刻なのでは」(会場にいたほかのグループのファン)

 ファンのみならず、イベントの様子を報じた記事から、今後、急速に“メディア離れ”も進みそうだというからシャレにならない。

 「これまで好意的に48グループのことを報じ、“不都合な真実”に触れなかった各メディアだが、NGTのついて観客の反応がイマイチだったことを報じた。28日の公演でHKT48の指原莉乃が卒業するが、48グループの“顔”だった指原の卒業は大ダメージ。48グループに対するメディアの興味も薄れそうで取材が激減するはず。NGT問題への運営会社・AKSのあまりにもずさんな対応が48グループの厳しすぎる現状を招いてしまった」(芸能記者)

 もはやここまで来たら、指原が運営に関わるしかなさそうだ。

関連記事(外部サイト)