最高のパワースポットにして聖域中の聖域〜高野山・金剛峯寺(和歌山県紀伊郡)

最高のパワースポットにして聖域中の聖域〜高野山・金剛峯寺(和歌山県紀伊郡)

(提供:週刊実話)

和歌山県伊都郡高野町高野山ーー高野山にはいくつもの寺院があり、その中でも、金剛峯寺は高野山真言宗総本山であり、比叡山、恐山と並び称される「日本三大霊場」の一つだ。古くから霊場として知られ、多くの墓地が存在する。あらゆる霊や念が飛び交っていることは明らかで、怪異な話に事欠かない。

 高野山における最高のパワースポットといえば、お大師様(空海)が今も瞑想されているという「奥の院」だ。織田信長や武田信玄、松尾芭蕉から夏目漱石など、歴史の教科書に出てくる有名人たちの墓所も数多く点在している。つまり、ここは"聖域中の聖域"なのだ。

 そんな高野山には、古くから伝わる「こうや七不思議」がある。そのうち、特に怪奇な二つを紹介しておく。一つは、奥の院・中の橋を渡ってすぐのところにある「覚鑁坂(かくばんざか)」、別名「三年坂」の話。覚鑁坂の石段は43段あり、途中で転ぶと、その人の寿命は3年以内に終わるといわれている。三年坂と呼ばれているゆえんを、おわかりいただけただろう。なお、43段は42(死)を超えるという意味が込められているという。

 もう一つが、中の橋近くにの井戸にまつわる話だ。この水で目を洗えば、どんな眼病も治ったと言い伝えられているが、それだけではない。井戸を覗き込んで自分の顔が水面に映っていなければ、3年以内に命を落とすと言われているのだ。信じるも信じないもあなた次第ーーもし井戸を覗いて何かあっても、当方では一切責任を負えないことを、ここにお断りしておく…。

関連記事(外部サイト)