渦中の夫と離婚の可能性が浮上した観月ありさ

観月ありさに離婚の可能性浮上か 元BIGBANGのV.Iの接待対象に夫の名前があがる

記事まとめ

  • ソウル地方警察庁は元BIGBANGのV.Iについて売春をあっせんした容疑で逮捕状請求する
  • そんな中、観月ありさの夫・青山光司氏の名前が接待対象として報じられた
  • 青山氏は前妻の上原さくらや交際していた女性芸能人らとトラブルを抱えていたという

渦中の夫と離婚の可能性が浮上した観月ありさ

渦中の夫と離婚の可能性が浮上した観月ありさ

(提供:週刊実話)

韓国出身の男性グループ・BIGBANGの元メンバーで、先月引退を表明したV.I(本名イ・スンヒョン)氏(28)について、ソウル地方警察庁のウォン・ギョンファン庁長が29日、売春をあっせんした容疑で今週中に逮捕状を請求する方針を明らかにしたことを現地の各メディアが報じた。

 報道をまとめると、V.I氏は投資会社の共同設立者と2015年、日本人投資家に対して性的な接待をした疑いの他、2017年末にフィリピンの離島で開かれた自身の誕生日パーティーで売春をあっせんした疑いがもたれている。

 警察はこれまで、売春あっせんのほか、違法撮影(盗撮)、警察との癒着などの疑惑をめぐって、V.I氏を15回にわたり召喚し、取り調べを行っていた。

 「国会で問題が追及される事態にまで騒動が拡大し、現地ではスンリゲート事件と呼ばれている。そのため、その人脈も含めて、警察は徹底的にV.I周辺の“闇”を洗い出す覚悟で捜査に臨んでいる。『もし、自分の名前が出たら…』と怯えている芸能人や投資家は多いはず」(韓国の芸能界に詳しいジャーナリスト)

 そんな人脈の中で、一部韓国メディアが、接待対象として、女優の観月ありさ(42)の夫で、建設会社・KRHの代表の青山光司氏(46)の名前を実名で報じたのだ。

 「青山氏といえば、前妻の上原さくらや交際していた女性芸能人らとトラブルを抱えていた。観月の事務所としては、きっかけがあれば別れてほしいと思っていたほどなので、今回の一件を理由にまた別れさせようとするはず。最後は観月の決断に委ねられそうだが」(芸能プロ関係者)

 またまた青山氏の名前が報じられてしまったら、その時点で“アウト”になりそうだ。

関連記事(外部サイト)