千葉の「ヤミ畑」問題 至る所で国有地が蹂躙されている!!〜千葉市花見川区

近年、首都圏や関西圏で土地所有者に許可なく耕作地として使用する“ヤミ畑”が急増している。中でも特に多いことで知られているのが、千葉市花見川区の花見川流域河川敷だ。

 写真のヤミ畑は、花見川区役所近くにあるものだ。丈の長い雑草に覆われ、最低限のカモフラージュをしているものの、河川敷沿いの遊歩道からはほぼ丸見え。隠している感じはなく、家庭菜園だと言わんばかりだ。

 実は、この花見川流域には数多くのヤミ畑が存在している。毎朝ジョギングしているという地元の会社員に聞くと、「農作業をしている人に普通に挨拶していた。まさか不法占拠の畑とは思わなかった」と驚いた様子で話す。

●3坪ほどの畑には10種類以上の野菜が…

 メディアが報じたことで最近はヤミ畑と認識する人も増えたが、地元では今も正規の家庭菜園だと勘違いしている人が多い。いずれの畑も2〜5坪程度の広さで家庭菜園なのだろうが、人の土地を許可なく耕したことには変わりない。

 実際、あるヤミ畑で作業中の中年男性に声をかけると、3坪ほどの畑にトマトやキュウリ、ナス、インゲン豆、ジャガイモなど10種類以上の野菜を育てているという。しかし、男性が所有する土地なのかを尋ねると、「違う」とあっさり不法占拠であることを認めた。

 「私だけじゃないし、何年も畑やってるけど文句は言われないよ」

 反省する様子はまったくないが、気になったのは、男性の話す日本語がカタコトである点だ。聞けば、日本に移り住んできた中国人だという。実は、ヤミ畑として周囲一帯を不法占拠するのは中国人が圧倒的に多く、男性も「同胞から聞いて始めた」という。

 ちなみに河川敷の多くは国の土地であるため、勝手に占有することは民法の不法行為に抵触する。だが、弁護士は「行政は取り締まるにも人手不足で、獲れた野菜も生産者に所有権が認められる場合があるため、事実上放置されているケースが多い」と指摘する。

 違法であるのは間違いない。だが、しばらく“開墾した者勝ち”という状態に変わりはなさそうだ。

関連記事(外部サイト)