法廷で“不都合な真実”が続々と明らかになりそうなNGT・山口が被害を受けた暴行事件

【山口真帆がNGT48卒業へ】AKSが男2人を提訴 ファンとつながっていたメンバー発覚も

記事まとめ

  • NGT48を卒業する山口真帆(23)が、昨年12月にファンの男2人に自宅で暴行された事件
  • NGT48の運営会社・AKSが男2人を提訴していたことを、一部スポーツ紙が報じた
  • どのメンバーがファンとつながっていたか明らかになり今後の活動に悪影響を及ぼすとも

法廷で“不都合な真実”が続々と明らかになりそうなNGT・山口が被害を受けた暴行事件

法廷で“不都合な真実”が続々と明らかになりそうなNGT・山口が被害を受けた暴行事件

(提供:週刊実話)

今月18日にアイドルグループ・NGT48を卒業する山口真帆(23)が、昨年12月にファンの男2人に自宅で暴行された事件について、NGT48の運営会社・AKSが男2人を提訴していたことを、一部スポーツ紙が報じた。

 男2人は昨年12月8日、新潟市内の山口の自宅マンション玄関先に2人が押しかけ、帰宅した山口に暴行。暴行容疑で逮捕されが、不起訴処分となり釈放された。

 AKSは、第三者委員会の調査報告書を受けて3月に開催した会見で、2人を民事で提訴する意向であることを明らかにしていたが、記事によると、2人はAKSが設置した第三者委員会の聴取に応じておらず、法廷で全容を解明する狙いがあると思われるという。

 「新潟県などがPRキャラへの起用を保留し、ラジオ番組は放送見合わせになるなど、劇場公演以外の活動が厳しい状況に追い込まれてしまった。山口も卒業を決めたことから、ファン2人に厳しい姿勢で臨むことをアピールし、1日も早く以前と同じように活動できることを目指しているのでは」(レコード会社関係者)

 とはいえ、裁判はAKSにとって都合のいいことばかりではなさそうだというのだ。

 「一番世間が知りたがっているのは、どのメンバーがファンとつながっていたか。法廷でウソつけないので、そのあたりのことも含めてすべて明らかになるだろう。そのメンバーたちの今後の活動に多大なる悪影響を与えそうだ」(芸能記者)

 山口の望み通りグループが“浄化”される日も近そうだ。

関連記事(外部サイト)