このままだとファンイベント中止の英断もありそうな坂道シリーズ

乃木坂46、欅坂46、日向坂46の“坂道シリーズ”3グループが10日、それぞれのグループの公式ホームページで、「ファンの皆さまへのお願い」と題する注意喚起の文章をアップした。

 同サイトでは、「メンバー、およびそのご家族への迷惑行為については、以前にもお願いをさせていただいておりますが、最近、再び一部のファンの方による同様の行為がたびたび発生する由々しき状況となっておりますことから、再度以下のお願いをせざるを得ない事態となりました」と報告。

 一部のファンによる、メンバーや家族の居住エリアでのストーカー行為など、メンバーのプライバシーを著しく侵害する行為が確認されていることから、「警戒を強化せざるを得ない事態です」としている。

 「NGT48の山口真帆への暴行事件同様、悪質な一部のファングループの行為だが、ついに運営側も見過ごせない事態になってしまったようだ」(芸能記者)

 すでに、AKB48グループをしのぐ勢いの坂道シリーズだが、このままファンの迷惑行為が改善されない場合、ファンたちにとって悲しい事態を迎えることもありそうだというのだ。

 「セキュリティー面を考慮し、当面の間、握手会などのファンイベント中止という決断を迫られることになりそう。今の勢いだと、握手会がなくても人気が猛烈にダウンすることはないだろう」(レコード会社関係者)

 迷惑行為の具体的な内容が気になるところだ。

関連記事(外部サイト)