飯島直子 妖艶さ増し期待される“五十路の令和ヘアヌード”

飯島直子 妖艶さ増し期待される“五十路の令和ヘアヌード”

(提供:週刊実話)

「いまだに“昭和のニオイ”がする“いい女”です」(芸能関係者)

 歌手・長渕剛(62)の20年ぶりの主演映画『太陽の家』(来年公開予定)のキャスト発表会見が先頃、都内で行われ、飯島直子(51)、広末涼子(38)、瑛太(36)らがお披露目された。

 人情に厚い大工の棟梁を演じる長渕は、「やっぱり(現場は)ファミリーですよ」と、満足げ。妻役の飯島は、長渕をビンタするシーンもあり、「夫を手のひらで転がしています」と、イタズラっぽく笑った。

 「長渕は共演者に色々と厳しい注文をすることで有名ですが、飯島は、すべてが“天然”で、何を言われても柳に風。夫婦役は、案外うまくいくかもしれません。それにしても飯島は、五十路に入って増々妖艶になってきましたね」(芸能レポーター)

 飯島は1988年、『11PM』(日本テレビ系)のカバーガールでデビュー。'90年には、カネボウの水着キャンペーンガールとキリンビールの初代キャンペーンガールを務め、ハイレグの水着姿で数多くのセクシーグラビアを飾った。

 「B90・W60・H89という日本人離れしたダイナマイトバディで、その存在感は圧倒的でした。“オカズ”として、お世話になった男性諸氏も多かったと思います」(芸能ライター)

 そして'94年、缶コーヒー『ジョージア』のCMで一気に大ブレーク。
「『癒やしの女王』とか『やすらぎクイーン』と呼ばれるようになり、以後、CM、バラエティー、ドラマや映画などで幅広く活躍するようになったのです」(大手広告代理店幹部)

 プライベートは'97年、『TUBE』の前田亘輝と結婚したものの、4年足らずで離婚。'12年12月、1歳年上の不動産業を営む男性と再婚した。

 「子供はいません。都心のタワーマンションで、セレブ生活をマン喫しています」(芸能記者)

 仕事は“気が向いた時”というのが基本方針。完全に引退する気はないという。
「“見せる”ことが大好きなんです。“五十路ヘアヌード”に対してもヤル気マンマンという噂もあるくらい。中学の頃のニックネームは“イチゴちゃん”。いつ男の子に見られてもいいように、イチゴ柄の下着を穿いていたところから、この名が付いたと言われています」(前出・芸能ライター)

 サービス精神が旺盛でもあるのだが、グラドル時代には、こんな武勇伝も。
「水着撮影の時、必ず水着の上から股間に“ワレメ”を入れていたそうです。また、おしぼりを股間に入れ、レンズに向かっていたそうです。誰をターゲットにして撮っているのか、よく分かっていたのです。男性ファンより先に、撮影カメラマンが興奮してしまったのは言うまでもありません」(同)

 見せて魅せる、飯島直子の“令和ヘアヌード”に期待したい。

関連記事(外部サイト)