NHKドラマ10女優「秘密の身体」長谷川京子、水野美紀、大政絢、篠田麻里子、玄理

NHKドラマ10女優「秘密の身体」長谷川京子、水野美紀、大政絢、篠田麻里子、玄理

(提供:週刊実話)

「初回から、キスやラブシーンのオンパレード。男女だけでなく、女と女もキスして見せるのですから、ちょっと刺激が強すぎます。どこへ、“はけ口”をもっていけばいいんでしょうかね」(60代サラリーマン)

 4月19日からスタートしたNHKの連続ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』が実に妖艶だ。

「イギリスで制作された『Mistresses』のリメークです。英国版が人気を博し、その後、米国、ロシア、スロバキア、韓国でもリメークされました。今回、満を持しての日本版放送ということになりました」(スポーツ紙テレビ担当記者)

 偶然の出会いから親友となった、それぞれ深刻な問題を秘めた5人、長谷川京子(40)・水野美紀(44)・玄理(32)・大政絢(28)・篠田麻里子(33)ら女性たちの物語を、生きるとは? 人生の幸せとは? をテーマに描いている。

「しかも、放送されるのは金曜夜10時の、いわゆる『ドラマ10』枠。『トクサツガガガ』『昭和元禄落語心中』、『透明なゆりかご』と、このところ続けて話題作を送り出している注目枠です。どうしたって、数字(高視聴率)を期待されてしまいます」(プロダクション関係者)

 そんな制作側の思いを知ってか知らずか、長谷川は第1話からフェロモン全開。
「彼女は内科・心療内科医役ですが、いきなり不倫相手の建築家と濃厚なキスシーンを繰り広げるなど、体当たりで取り組んでいます。自ら積極的に“舌入れ”をしたという話もあるくらいです。ひょっとして、彼女は今、プライベートで“欲求不満”状態にあるのかもしれません」(芸能ライター・小松立志氏)

“ハセキョー”のニックネームで親しまれている長谷川は、40歳の“女盛り”。

「ちょうど、セックスの気持ちよさが分かり始める年齢です。もし、セックスレス状態なら、もったいないの一語に尽きます」(セックスカウンセラー)

 長谷川は2000年の初めに女性誌『CanCam』の専属モデルからタレントに転身。以後、連ドラやCMを中心に活躍してきた。

「とりわけ、2004〜2005年頃は“CMの女王”と呼ばれ、一流企業のCMに出まくっていました。CMの出演料だけで5億円は稼いでいました」(大手広告代理店幹部)

 ただ、男関係はドラマで共演した坂口憲二、滝沢秀明、永井大らとの仲が取り沙汰されたが、成就することはなかった。

「Dカップ巨乳がまぶしい女の子でしたが、案外、ガードは堅かったんです」(モデル関係者)

 結婚は2008年10月。相手は、ロックバンド『ポルノグラフィティ』のギタリスト・新藤晴一だった。

「意外な組み合わせでしたが、彼女の一目惚れから交際がスタート。すぐに“デキた”そうです。彼女、やるときはやっちゃうタイプなんです」(芸能レポーター)

 そして、2009年5月に男児、2012年1月に女児を出産、現在に至っている。
「子育てもひと段落し、女優業に専念する時間ができたということでしょう。欲求不満を女優業で解消しようという狙いがあるのかもしれません」(前出・プロダクション関係者)

 そういえば、こんな情報も入手した。
「今回のドラマの絡みのシーンで、相手役の耳元で“入れて”と囁いたというんです。ラブシーンの際のドレスの下は“ノーパン”という情報も流れているくらいです。相手役が“フル勃起”してしまったのは言うまでもありません」(芸能プロ関係者)

 また視聴者の間では、こんな“話題”でも盛り上がっているという。
「“長谷川京子ってあんな顔だった?”“腫れた唇が気になってドラマに集中できない”“見るたびに顔が違う”など、彼女の顔がとても気になっているようです。ま、話題になるのは、ドラマにとっても、とてもよいことだと思います」(NHK関係者)
(明日に続く)

関連記事(外部サイト)