エースメンバーへの殺害予告犯逮捕でますます活動再開が困難になったNGT48

エースメンバーへの殺害予告犯逮捕でますます活動再開が困難になったNGT48

(提供:週刊実話)

アイドルグループ・NGT48のメンバー荻野由佳(20)を名指しし、「殺す」と書いた紙をファクスで報道機関に送信して脅したとして、新潟県警が20日、脅迫の疑いで、京都府に住む無職の男(24)を逮捕したことを、各メディアが報じた。

 報道をまとめると、逮捕容疑は今月9日、荻野の名前と、「殺す」と繰り返し書いたA4用紙1枚を報道機関にファクスで送信した疑いで、男は「送ったのは間違いない」と供述。同様の内容が書かれた紙は新潟市の行政機関にも届いており、県警が関連を調べているというのだ。

 NGTは昨年12月、今月18日のNGT劇場の公演でグループを卒業した山口真帆さん(23)が自宅を訪れたファンの男2人から暴行被害に遭う事件が発生。その騒動がいまだに収束していない。

 「荻野といえば、“反山口派”のメンバーとして名前があがっていた。そのため、山口の卒業を迎えるにあたり、荻野を逆恨みしたファンの犯行という線も浮上しているようだ」(地元の記者)

 男の逮捕が公になったことにより、荻野が精神的ダメージを受けていることは想像に難くないが、グループのエースとも言える存在だけに、今後のグループ運営に支障が出そうだというのだ。

 「NGT劇場の今後のスケジュールは白紙。セキュリティーの問題もあるのでイベントも開催できない。このままだと、グループの存続危機に陥ってしまいそう」(芸能記者)

 山口は卒業したとはいえ、収束していない騒動の余波はまだまだ広がりそうだ。

関連記事(外部サイト)