深キョン劇場 ドラマ『ルパンの娘』“ボディスーツ”で限界披露

深キョン劇場 ドラマ『ルパンの娘』“ボディスーツ”で限界披露

(提供:週刊実話)

「深キョンは今回、制作サイドに対し“木曜劇場はアダルトな内容も求められるので、濡れ場でも脱ぎでもやります”とやる気満々とか。『初めて恋をした日に読む話』の最終回に数字が急上昇したことに気をよくしているようで、濡れ場や入浴シーンなどは、必須になるでしょう」(芸能記者)

 深田恭子(36)が、7月期にヒロインを務めることが内定している連ドラで、「騎乗位濡れ場&全裸入浴」を披露し、視聴率をもぎ取りにかかるという。

 「深キョンをめぐっては、一部で、7月期のフジテレビ系木曜劇場でヒロインに内定していると報じられ、その後、横関大氏の同名小説が原作の『ルパンの娘』で、瀬戸康史と共演することが発表されました。代々、泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディーです」(芸能記者)

 見所はなんといっても深田の艶っぽい泥棒スーツにあるという。

 深キョンは1月期の連ドラ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で主演したばかり。平均視聴率は8.5%とイマイチだったが、最終回は9.6%と跳ね上がり、彼女への期待を感じさせたのも事実。

 「深キョンは近年、主演やヒロインを務めた連ドラが視聴率1桁続きのため、次作では悲願の2桁に乗せたい。だから濡れ場でも、単なる正常位ではなく、ダイナミックにFカップ乳を揺らしながらの騎乗位を披露する予定でいるそうです。当然、視聴率もはね上がるでしょう」(前出・芸能記者)

 それだけではない。三十路の超セクシーボディーも“限界披露”する見込みだ。
「全身がプニプニした深キョンの肉体は、30代になっていやらしさを増し、ビキニ写真集を出せばバカ売れするほど。そんなボディーを次作でも入浴シーンで披露するとか。泡風呂の上に胸の谷間を完全露出し、乳首が微妙に“ちょい見え”してしまうほど、ギリギリまでFカップ乳を見せる計画というのです。露出好きの彼女は、周囲に“少しくらい見えちゃったって、自然でいいじゃない”と話しており、確信犯的ポロリを狙っているようです」(同)

 彼女は、3月下旬から放送されている『新4K8K衛星放送』のCMでチャイナドレスを披露するなど、セクシー露出を強めている。

関連記事(外部サイト)