橋本環奈の“オヤジ化”が止まらない「服は散らかってまーす」

橋本環奈の“オヤジ化”が止まらない「服は散らかってまーす」

(提供:週刊実話)

橋本環奈(20)に「育成失敗」説だと? 相変わらず顔は美しいのだが、体形とキャラの方向性に、“おやじギャル”の香りが漂っているというのだ。これまで『千年に1人の美少女』と言われてきた環奈にいったい何が起こっているのか。

 「最近の彼女はムチムチになりすぎです。巨乳なのはいいのですが、ボディーラインが明らかに寸胴気味になってきている。おそらく、太りやすい体質なのでしょう。“ボン、キュッ、ボン”という締まり感がないんですよ」(芸能ライター)

 彼女は身長152センチながら、バストが85センチといわれ、今や「Dカップ美少女」だ。
「最近では売り方も派手になり、グラビア撮影でも胸の谷間を思いっきり露出させている。衣装もタンクトップを積極的に着て、完全に肩出し&ワキ見せのセクシーなノリになってきています。これはこれで歓迎すべきことで、どんどん脱いでほしい。ただ、いかんせんぽっちゃりしすぎ。もっと体を絞らないと彼女のよさが出てこない。口の悪いファンからは“ブタ環奈”と揶揄されているだけに、色気に磨きをかけてほしいですね」(グラビア編集者)

 そんな折、環奈のライバルである広瀬すず(20)は女優として絶好調。主演のNHK連続テレビ『なつぞら』は、スタートから平均視聴率20%超えを連発している。
「広瀬もDカップ巨乳で評判だったものの、朝ドラに合わせて、かなりシェイプアップした。そのおかげで、彼女の魅力を存分に発揮しています」(ドラマ作家)

 環奈は'13年から、『住宅情報館』のCMに出演中。最新の“七変化篇”では、住宅を紹介する店舗係や案内役などの様々なコスチュームで登場している。
「問題は、環奈が住宅の建築作業員の格好をしている場面です。白ヘルメットに上下ピンクの作業着に身を包み、家の骨組の中でニッコリ笑っているのですが、腰に巻いた黒ベルトが幅広なので、完全に現場の“おやじ環奈化”しています」(アイドルライター)

 おやじギャルとは、その昔、ビールジョッキ片手に枝豆を食べるギャルの仕草をそう呼んだのだが、
「環奈の場合、ピンク色の作業服でも、かなりハマっています。ネット上では『体形的にもおやじ服が合う』なんて声も出ているくらいです」(同)

 5月12日、きゃりーぱみゅぱみゅとのトーク番組で、橋本環奈はガサツな一面ものぞかせた。「ゴミ捨て行くのに、服は散らかってる」というのだ。まさにオヤジ化が止まらない?

関連記事(外部サイト)