わくわく地方競馬

わくわく地方競馬

(提供:週刊実話)

サラブレッドの一世一代の栄光を賭けた戦い「ダービー」。全国8つの地方競馬場で繰り広げられる8つのダービーをシリーズ化した「ダービーシリーズ」が、今年も開幕する。シリーズを戦った馬たちから、フリオーソやハッピースプリントやカツゲキキトキトなど地方競馬をけん引するトップホースが輩出されている。

 その初戦が佐賀競馬所属3歳今のナンバーワンを決める『九州ダービー栄城賞』だ。1959年創設の歴史ある一戦でもあり、一昨年はJRAの重賞でも活躍を見せたスーパーマックス、昨年は高知優駿も制覇したスーパージェットが優勝。ここをステップに大きな飛躍を遂げた。今年は前哨戦でもある佐賀皐月賞をはじめ、花吹雪賞、ル・プランタン賞など3歳重賞のタイトルを総なめしているスーパージンガに注目したい。圧倒的な強さを見せつけての勝ち方だっただけにダービーはもちろん、世代を超えた活躍が期待される。

 さて、浦和競馬では29日、『第23回さきたま杯』(JpnⅡ)が開催される。過去10年の成績を見てみると、JRA馬は39頭が出走して1着8頭、2着6頭、3着5頭で3着以内率は約5割。JRA勢が1・2着を占めることが多かったが、近年、南関東所属馬が浦和の指定競走で活躍するケースが目立つ。

 昨年のさきたま杯は、サクセスエナジー(JRA)と後方2番手から追い込んだキタサンミカヅキ(船橋)の一騎打ちとなり、キタサンミカヅキが鼻差及ばずの2着だった。また、3着にアンサンブルライフ(浦和)、5着にトロヴァオ(大井)が入り、地方馬が互角に戦えることを改めて実証した。

 特殊な浦和コースのため、コース経験の有無がキーポイント。今年は連覇をもくろむサクセスエナジーを、地方馬が阻止することができるか、注目したい。

 さて、所変わって大井競馬では、ナイター開催の金曜日に「TCK笑金スペシャルライブ」と称して人気のお笑い芸人たちによるスペシャルステージを実施する。24日のゲストはテレビでもおなじみの髭男爵で、1日2ステージの予定だ。ナイター開催中は金曜日ごとに開催するので、出演者のチェックもお忘れなく。

関連記事(外部サイト)