芸能界に衝撃が走った!大麻所持逮捕で待ち受ける元『KAT−TUN』田口淳之介の“賠償地獄”

元KAT−TUNの田口淳之介容疑者は「賠償地獄」か 小嶺麗奈容疑者と大麻所持で逮捕

記事まとめ

  • 元KAT−TUNの田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者が大麻取締法違反の容疑で逮捕
  • 「今回の田口の逮捕で、ジャニーズ上層部は、グループの解散を決めたそう」と関係者
  • 田口の損害額は5億円は下らないとされ、ジャニーズ事務所からの損害賠償の恐れも

芸能界に衝撃が走った!大麻所持逮捕で待ち受ける元『KAT−TUN』田口淳之介の“賠償地獄”

芸能界に衝撃が走った!大麻所持逮捕で待ち受ける元『KAT−TUN』田口淳之介の“賠償地獄”

(提供:週刊実話)

5月22日、人気アイドルグループ『KAT−TUN』の元メンバーで現在はアーティストとして活躍する田口淳之介容疑者(33)と、女優の小嶺麗奈容疑者(38)の2人が関東信越厚生局麻薬取締部(通称・マトリ)に大麻取締法違反(所持)の容疑で現行犯逮捕されたのだ。田口容疑者は1999年にジャニーズ事務所に入所。’02年に結成された『KAT−TUN』のメンバーに30人抜きで抜擢された。

 ところが、’16年3月に同グループを飛び出し、併せてジャニーズ事務所を退所してしまう。

「突然の報道に、ファンや関係者は度胆を抜かれたんです。事務所退所は、内縁関係にある小嶺との結婚を望み、事務所から拒絶されたことが理由とされていた。だが、それは表向きですね。当時から田口にドラッグの噂が絶えなかったんです。大スキャンダルになる前に、辞めてもらったというのが真相です」(芸能事情通)

 実は元『KAT−TUN』メンバーでドラッグ使用で逮捕されたのは田口が初めてではない。ラップを担当していた田中聖(33)も’17年5月24日に、大麻所持の容疑で現行犯逮捕されているのだ。

 「この田中と裏でつるんでいたのが田口だったんです。一時期、マトリや警視庁はこの2人を通じて芸能界に薬物ルートが確立されていたとみて、内偵捜査を続けていたんです」(同)

 6人のメンバーのうち、2人が大麻で逮捕された『KAT−TUN』。人気№1だった赤西仁(34)が’14年にジャニーズを退所。現在、残っているのは亀梨和也(33)、上田竜也(35)、中丸雄一(35)の3人だけなのだ。ところが…。

 「今回の田口の逮捕で、ジャニーズ上層部は、グループの解散を決めたそうです。スキャンダラスのイメージが定着し、これ以上、グループを存続させる意味がなくなってしまったというわけです」(芸能プロ関係者)

 最終的に、グループ解散の引導を渡すことになった田口。今後の彼を待ち受けているのは、身の毛もよだつ借金地獄だという。

 「7月5日から全国17カ所、21公演のツアーを開催する予定だったが、中止は決定的で、損害額は約1億円。さらに、田口はアジアツアーも計画していたんです。5億円は下らない」(芸能関係者)

 そればかりではない。
「ジャニーズ事務所からの損害賠償です。何たって『KAT−TUN』を殺したことになるんですから。ジャニーズ幹部は、相当激怒しています。その気になればン十億円を請求されかねませんよ」(前出・芸能事情通)

 快楽のためにドラッグに手を染めた田口。その代償は一生かかっても償い切れそうもない。

関連記事(外部サイト)