原田龍二“4WD不倫”で見事な焼け太り! 事務所に出演オファー殺到か

原田龍二“4WD不倫”で見事な焼け太り! 事務所に出演オファー殺到か

(提供:週刊実話)

“4WD不倫”がバレ、先ごろ謝罪会見を行った俳優の原田龍二は、非を全面的に認めた。家庭では妻や子供たちに怒られ辛い日々を過ごしているというが、仕事面は全くの別だ。原田のもくろみ通り、迅速かつ丁寧な謝罪会見が評価され、バラエティー番組からのオファーが殺到する見込みだ。

 原田はファンに手を付けただけではなく、すべて自分の車の中で“エッチな行為”を済ませるという、何とも身勝手な行動を取っていたことが『週刊文春』の報道により発覚した。普通ならば大ピンチのはずだが、原田たちの動きは早かった。

 「本人や関係者は『ピンチだけど、ある意味でチャンス』と捉え、記事が出ると分かった瞬間に会見の開催を決めた。ここでインパクトと良いイメージを与えることができれば、逆に好感度は上がると考えていた。そもそも俳優ながら裸芸をするなど、決して清廉潔白なイメージで売っていたわけではないから」(テレビ局関係者)

 原田の“モデル”となったのは、バラエティー番組などで散々「アパ不倫」とイジられていた袴田吉彦だ。庶民的なホテルで不倫を重ねたことを批判されたが、袴田はそれを逆手に取ってネタにしたことが成功、番組出演は増えた。

 「一昔前と違って、不倫そのものはそこまでダメージにならない。マイナスになるのは、その後の対応をどうしたかです。すぐに会見を行い、そこさえうまく乗り切れば、いい“売名”にすらなる。それをよく分かっている原田は、謝罪会見の前に袴田に相談したのでは? という話も出ているほど」(同・関係者)

 会見では下世話な質問にもすべて答え、終始反省している様子を見せることに成功した。すぐに会見を開くという判断、そして会見での立ち居振る舞いにより、狙い通りの状態になっている。

 「『原田が面白い! 番組に引っ張って来い』と、プロデューサーから号令が掛かった。うちの番組だけではなく、よその番組も似たような状態らしく、事務所には数々のオファーが届くだろう。今年下半期、大ブレークとなってもおかしくない」(バラエティー番組関係者)

 これぞ焼け太りと言えるだろう。

関連記事(外部サイト)