高樹沙耶さん『大麻合法化』求める“一心不乱”さに「やっぱり大麻は怖い」の皮肉

高樹沙耶さん『大麻合法化』求める“一心不乱”さに「やっぱり大麻は怖い」の皮肉

(提供:週刊実話)

元女優の高樹沙耶さんが5月31日に更新したツイッターが波紋を呼んでいる。高樹さんは持論である大麻合法化を求めて、こんなツイートを投稿。
《大麻に関する胡散臭さというものは、戦後大麻を非と決定付け国民洗脳をし続けた。是とするところは隠され続けている。イメージは簡単に取り除けるものでない》

 このように、大麻が悪と見なされている原因を指摘し、苦言を呈した。そして、
《合法化したい人のイメージの悪さを出すことにいつも違和感を感じる。まずはテーブルにすべての真実を出すべきだ》
 と、議論の必要性を訴えた。

 このツイートには多くのメンションが付き、
《医療大麻からの合法化はするべきだと思う。だが、嗜好用でお縄になった人が推進するのは説得力が皆無です。むしろ逆効果なのでやめてほしい》
《高樹さんは、何故大麻を使用なさったんですか? 医療用に関しては、吟味しての使用は患者さんが安全に安楽に使用しQOLが向上になるのであれば良いと思うのです》
《国の洗脳論どうこう言ってるけど、犯罪者になると分かっててやめられない時点で、精神依存が大分あることが分かる》
 などと、高樹さんへの批判が投稿された。

 高樹さんは2016年に医療用大麻の解禁を訴えて参院選に出馬するも落選。同年秋に大麻所持の疑いで沖縄で逮捕され、現在は執行猶予中の身だ。

 多くの批判に対して、高樹さんは、
《私に説得力がないという皆様! これはどうでしょう?》

 というコメントとともに、5月30日にニューヨークで行われた大麻関連の展示会を報じたニュースのリンクと一緒にツイート。その後も、ジャーナリストのモーリー・ロバートソンがツイートした、大麻使用例に関する情報をリツイートするなど、ツイッター上でも大麻合法化を訴えた。

しかし、高樹さんの投稿に匿名掲示板では、
《日本でグダグダ言ってないで、合法の国に行けばいいのに》
《あんたみたいな人が増えたら社会が困るから絶対に反対!》
《この人いつも大麻の話題になると食いついてくるよね。 そんなに吸いたいなら日本から出ていけばいいのに》
《大麻合法の国もあるけど、大麻が日本よりも重罪な国もある。都合のいい部分だけを抜き出すな》
 などと厳しい声ばかり。

 だが、高樹さんは批判の声に目もくれず、
《日本の大麻草の開放も熱くなってまいりました。歴史を変えるムーブメントに参加しませんか! 応援お願いします 声だけでなく形で!》
 と、一心不乱に訴え続けている。

 そして、この様子を見た多くの人が、「こいつを見てると、大麻のヤバさがよく分かる」「この人見てると大麻って本当に脳に傷害与えるんだなぁと思う」などと感じているのは、実に皮肉なものである。

関連記事(外部サイト)