高橋由美子 スナックバイト後の“泥酔アフター”に周囲ハラハラ

高橋由美子 スナックバイト後の“泥酔アフター”に周囲ハラハラ

(提供:週刊実話)

「5月10日発売の『増刊FLASH DIAMOND』で高橋由美子のスナックのアルバイト姿が掲載され、波紋が広がっています。水などの買い出し中に路上で撮られたとみられるスッピン写真が、普通の40代おばさんにしか見えず、衝撃でした。それよりも泥酔酒乱し、男とSEXしてしまう癖があるとされる高橋が、酒を飲む仕事で、かつ男性客と接する仕事をして大丈夫か…と懸念する声が強いのです」(スポーツ紙デスク)

 活動休止状態が続いていた高橋由美子(45)が新事務所に所属し女優本格復帰の準備を進めている。そうした中、スナックでアルバイトをしていることが判明し、“泥酔アフターSEX”などの乱行が心配されている。

 大手芸能プロの看板女優だった高橋は、昨年3月、『週刊文春』で妻子ある40歳実業家男性との「ラブホテル不倫疑惑」を報じられた。この男性の妻からの「私の家庭を壊した」と衝撃告発も掲載され、大ピンチに。不倫は直接認めなかったが、ファックスで「軽率過ぎた行動は非難されて然るべき」などと謝罪。メディア出演は激減し、同プロを辞め休業状態になった。

 「清純派アイドルの代表格だった高橋ですが、酒癖の悪さは筋金入り。不倫報道前の昨年1月にはテレビ番組で、20代後半の頃に居酒屋で泥酔、初対面の男の家にお持ち帰りされ、ベッドで寝ていたと告白。昨年の元日特番でも、生放送中に泥酔して、退席する放送事故を起こしました。酒好きは直らないだけに、スナックで男性客と“ラブホ同伴”したり、“泥酔アフターSEX”をする可能性は非常に高いですよ」(同)

 高橋は’89年デビュー。アイドル界のトップとして活躍し、’94年に主演した連ドラ『南くんの恋人』(テレビ朝日系)で女優としてもブレークした。今年4月には、故・津川雅彦さんが代表的俳優で、岩下志麻、松原智恵子らベテランを抱える『グランパパプロダクション』に所属。9〜10月に上演される舞台『怪人と探偵』で本格復帰を飾る予定だ。

 「再び男性客との“泥酔不倫事件”を起こさないか、心配しているスタッフもいます。今回撮られた写真は別人のようでしたが、化粧をするとフェロモンはハンパない。すでに高橋の肉体目当てで言い寄っている金持ち男性も複数いるようで、高橋も店内でFカップとされる完熟乳を押し付けてカラオケをデュエットしたりしているとか」(芸能記者)

 もう「いろいろやってっから!」では済まないですぞ。

関連記事(外部サイト)