噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 川栄李奈(24)名器「カズノコ天井」の相あり!

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 川栄李奈(24)名器「カズノコ天井」の相あり!

(提供:週刊実話)

今回取り上げるのは、女優として活躍中の川栄李奈。数いる「元AKB48」の中でも出世頭と言える。先頃、俳優・廣瀬智紀(32)との結婚&妊娠を電撃発表した。

 彼女の顔相をひと言でまとめると、幼児性を残しながらも成熟したエロスを備えた、すこぶる男性受けのよいモテ相―となろうか。

 特に鼻相が幼く、長さはあるも低く、山根(鼻の付け根)も低くて、男性の庇護欲をそそる。自尊心が強くないぶん押しに弱く、男性の言いなりになりがちだ。

 口相も同様で、エラからアゴ先が華奢で幼く、デビュー当時は目立っていた八重歯も、異性の誘惑に乗せられやすい尻軽相だ。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の色艶がよく、笑うと臥蚕が厚みを増して盛り上がり、眼形が半月形になるのは、性感鋭敏の証左。眼光にほどよく水気があって艶がのり、娘盛りから女盛りへ完熟しつつある女相だ。

 唇が上下とも厚めで情愛豊か。横から観たとき上唇が下唇より出ているのは「おませ」で、処女喪失や絶頂を経験する年齢が低く、早婚傾向のある口相だ。

 また彼女は耳が大きく垂珠(耳たぶ)も豊かで、結婚指向の強い相。今回の「デキ婚」は、顔相が語る通りの結果と言える。

 【淫乱度】は「4」と高く、【尻軽度】も、本連載ではモテ相を尻軽度に算入するため、「5」に近い「4」とかなり高評点。一方、【絶倫度】は口相に勢いがなく、金甲(小鼻)の張りも弱くて、「2」と低くなった。

 口元の肉付き(特に上唇側)が豊かで、口角(唇の両端)が上がっており、後天的名器度は高い。反面、先天的名器度が現れる、耳穴の下の溝が広大でかなりマイナス。

 しかし、彼女は笑ったとき、鼻の上部に細かな縦皺ができる。これは、膣壁にコリコリとした細かなヒダが多い、名器「カズノコ天井」の相。トータルで判じて、【名器度】はやや高めの「3」となった。

 下瞼のラインが目尻で少し上がっているところがあげまん要素で、すっきりした口元もプラス要素。一方、豊かな臥蚕と乏しい金甲がマイナスで、【あげまん度】は「3」寄りの「2」。

 彼女の相で気になるのが、右奸門(目尻)と右臥蚕にあるホクロだ。前者は(浮気などが原因で)夫婦関係がギクシャクする暗示があり、後者はいわゆる「泣きボクロ」で男女関係のトラブルや子供で苦労する暗示がある。

 夫の廣瀬が、臥蚕の豊かなモテ相で女縁が多く、奇しくも川栄と同様、目尻にホクロがあって同じトラブルの種を抱えている。

 夫婦の顔相は相補的なのがベストで、鼻相だけは同タイプが吉。しかし、2人は皮肉にもその鼻相が真逆で相補的。我のぶつかり合いが予想でき、前途はやや多難と観ざるを得ない。

***********************************
【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事(外部サイト)