ローラの“肉ふんだん手料理”インスタ投稿にファンも愕然…「菜食主義じゃなかったの?」

ローラの“肉ふんだん手料理”インスタ投稿にファンも愕然…「菜食主義じゃなかったの?」

(提供:週刊実話)

モデルでタレントのローラが6月18日に更新したインスタグラムが話題になっている。この日のローラは米国の友人たちに振る舞った日本食の写真を投稿。高級感漂う白のテーブルの上に並べられた豚汁や梅干し、サラダなどの豪勢な手料理に加えて、洒落たシャンデリアや奥行きのあるホテルのようなダイニングも写り込んでいた。ローラは「みんな、豚汁や肉じゃがなど食べたことがなくて、すごく喜んでた。 何だか、うれしかったぁ。和食はいいなぁ」などとコメントを残した。

 ファンからは「素晴らしいです!」「おいしそうだなぁ〜」「ローラ料理できるのギャップ萌えだね」などと絶賛の声。しかし、匿名掲示板では、
《菜食主義もう辞めたん? 笑》
《なんちゃってヴィーガン》
《ファッションヴィーガンだものbyみつを》

 などと、ローラが以前、インスタグラムのストーリー機能を使って、
「仮に肉類と乳製品の使用をすべてやめれば、世界の75%以上の農場が不要になる。これにより米国や中国、EU、そしてオーストラリアを合わせた面積を自然の環境に戻すことができる」
「『環境を守る上で最も効果的な手段は、完全なベジタリアンになることだ』と研究チームは述べている」
 などと投稿したことについてツッコミが入ってしまった。

 ローラが絶対菜食主義を貫く『ヴィーガン』を推奨してきたときには「ローラが遠い人になっていく…」「この人はもうだめかもしれんね」と嘆く声があった。実際にローラもインスタで、ヴィーガンのスナック菓子や植物性食品で作ったハンバーグを紹介するなど積極的に“ヴィーガン”押しをしてきたが、今回のまさかの投稿により、コメント欄には、
《ローラさんヴィーガンだと思っていました》
《ローラはお肉食べないと思ってました!》
 などといった内容が投稿されている。

 ローラは他にも“毛皮反対”を訴えていたが、今年の3月に写真週刊誌に毛皮を着てすっぽん料理を食べに行く姿をすっぱ抜かれている。そのときも、
《さすがに毛皮はあかんやろ》
《結局ヴィーガン芸かよ》
《ファッションヴィーガンなんてこんなもんや》
 などの批判の声が投稿され“ファッション”だと揶揄されている。

 もしかしたら、この投稿は「脱ヴィーガン宣言」なのかもしれないが…。

関連記事(外部サイト)