【ジャニー喜多川社長が死去】ジャニーさんの遺影を撮影されメリー氏発狂か

記事まとめ

  • ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の家族葬が、稽古場で行われた
  • ジャニーズアイランドの滝沢秀明社長ら150人の所属タレントやジャニーズJr.が参列した
  • 取材はNGだったが、ジャニーさんの遺影を撮影したところメリー氏が発狂したという

ジャニー喜多川さんの家族葬をめぐる裏話

9日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため死去した、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)の家族葬が12日、東京・渋谷にある関連会社「ジャニーズアイランド」の稽古場で行われた様子を、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、家族葬には、姉の藤島メリー泰子副社長(92)、姪の藤島ジュリー景子副社長(52)をはじめ、ジャニーズアイランドの滝沢秀明社長(37)ら約150人の所属タレントやジャニーズJr.が参列。

 司会はTOKIOの国分太一(44)とV6の井ノ原快彦(43)がつとめ、所属タレントを代表して、少年隊の東山紀之(52)、ジャニーズJr.のユニットHiHi Jetsの高橋優斗(19)、KinKi Kidsの堂本光一(40)があいさつし、近藤真彦(54)が締めくくったという。

 「事務所側の意向で、現場での取材はNG。ところが、複数の媒体が現場で張り込み、霊きゅう車の助手席で滝沢がジャニーさんの遺影を持った写真をバッチリ撮影。メリー氏が発狂してしまったようです」(芸能デスク)
 さらに、会場外ではこんな光景が見られたというのだ。

 「大勢のタレントが一堂に会するため、熱狂的なファンが“バスツアー”を主催。会場の近くに乗り付け、タレントたちの出入りを眺めていたそうです」(ジャニーズ関係者)

 会場については公表していなかったが、すっかりバレバレだったようだ。

関連記事(外部サイト)