ジャニーズ事務所をイラつかせた赤西仁の実業家転身報道

ジャニー喜多川氏の緊急入院に大揺れのジャニーズ事務所をイラつかせたのが元KAT−TUNの赤西仁(35)に関するニュースだ。なんと、一部女性週刊誌で赤西がアーティスト活動だけでなく、今度は“実業家”として寿司店のオーナーになるという記事が掲載されたのだ。

 「中身は、寿司好きの赤西が常連のお店の主人が『ハワイに移転するのに伴い、一緒にお店をやらないか』と持ちかけたと言うんです。しかも、この店主は女性誌の取材に対し『ハワイで一緒にお店をやろうか。資金出すから協力してくれない?』と言われ、『仁くんだったらいいよ、ってことで…』といった具体的なコメントまで出した」(芸能プロ関係者)

 赤西はKAT−TUN脱退後、ネットなどで楽曲を発表し、年収は3000万円以上も稼いでいると言われている。
「妻で女優の黒木メイサの収入を合算すれば億はありますよ。あながち不可能な話ではないだけに、皆、信じたんです」(芸能事情通)

 もっとも、その後、赤西本人からこの女性週刊誌の記事はフェイクニュースと糾弾。何とも味気ない幕引きとなったのだ。それにしても、なぜジャニーズサイドは実業家転身のニュースにイラついたのか?

 「ジャニーズ事務所を辞めても好き勝手に生きて、自由に仕事ができるということが改めて印象付けられる記事だった。現在、来るXデーに備え、ジャニーズは一枚岩になるべく組織の体制強化を図っているんです。それでも万が一の時には、中居正広や関ジャニ∞、TOKIOの一部メンバーが事務所から脱退するとの声が出ている。先輩たちに影響される形で若手も追従しかねない。だって、大麻取締法違反で逮捕された田口淳之介も赤西同様、ジャニーズを辞めても食べていけたわけです。危機的状況の中、この部分について所属タレントには知られたくないんですよ」(芸能関係者)

 タイミングの悪さで様々な思惑が飛び交うことになってしまった赤西の転身話。改めて芸能界におけるジャニー喜多川氏の影響力を知ることになったのではないだろうか…。

関連記事(外部サイト)