重大発表がなかった石原プロに浮上した“Xデー”

重大発表がなかった石原プロに浮上した“Xデー”

(提供:週刊実話)

1987年7月17日に52歳で亡くなった石原裕次郎さんの三十三回忌法要が、命日である17日、横浜市鶴見区の総持寺で営まれたことを、各スポーツ紙が報じている。

 裕次郎さんの妻で石原プロモーション会長の石原まき子さん(85)をはじめ、裕次郎さんのおいで衆院議員の石原伸晃氏(62)、所属俳優の舘ひろし(69)神田正輝(68)らが参列。呼吸器疾患などからの体力回復のためリハビリ中の渡哲也(77)は欠席したがまき子さんに手紙を託したという。

 まき子さんは、一部で報じられた石原プロモーション解散報道についても言及。「閉めるとか、解散ということは1度も申しておりません」と否定したというのだ。

 「記事によると、今年で弔い上げとして、報道陣の集めて墓前に行くのは今年が最後になるということ。法要は年に1回の重大行事だったので、事務所としてさらに規模を縮小していくのは確実だろう。それでも解散しないのにはそれなりの理由があるようだ」(テレビ局関係者)

 その理由はリハビリ中の渡だとか。

 「渡さんが復帰するまでは解散はなさそうです。復帰して軍団の面々と並び、もし、渡さんが俳優の引退を考えたら、そのタイミングでの解散となりそうです」(同)

当分、解散はなさそうだ。

関連記事(外部サイト)