本誌記者“マッチングアプリ失敗”談 藤田ニコル似の自称「処女」と付き合うことになった結果…

本誌記者“マッチングアプリ失敗”談 藤田ニコル似の自称「処女」と付き合うことになった結果…

(提供:週刊実話)

晴れ激少の7月。雨空と曇天に対するイライラ、女子とセッ◯スできないモヤモヤを抱えながらもマッチングアプリに精を出す、本誌『週刊実話』で格調の低い記事を任されることが多いフリー記者の私は、前々より『タップル誕生』を主にメインとして活動してきたが、それと並行してあの「ウィッシュ!!」じゃなく、メンタリティーの方のダイゴ(DaiGo)が監修しているマッチングアプリ『with』を使用してみることに。

 この「with」というアプリは、性格診断によって好みの相手を探せるという、まさに心理的でメンタリティーなものだ。早速試してみると、早くも1人マッチングしたとの知らせが。

 相手は医療関係の仕事をしているという、私より1歳年下の25歳・カナミ(仮)だ。見た目は痩せ型のイマドキ風美女で、藤田ニコルの顔をすっきりさせたようなイメージ。返信は非常に丁寧だが、基本的に返ってくるのが遅い…。まあ社会人なのだろうから仕方ないが、1日1ラリーあればいい方。それでも長期間やり取りをし続けると、ついにLINEの交換へと持ち込めた。

 しかし、LINEでも彼女の返信は遅く、1日の終わりに一気に返信が来ることがほとんどだった。だが私には新鮮だった。というのも以前、1時間LINEの返信をしないようものなら「今何してるの?」と聞いてくる女と付き合っていたからだ。LINEの返信が1日数ラリーというのは、実に心地よかった。

 そんなカナミの自宅は私の家とそれほど離れていなかったため、思い切って近場の駅で会えないか提案。カナミはあっさりOKしてくれ、会うことになった。

 デート当日、私が指定の場所に着くと、カナミは電車を乗り間違えて10分ほど遅れて到着。自分よりはるかに早く来る女性より、こういう子の方が私的には好感度が高かったりする。

 実際に対面したカナミはちょい出っ歯だったが、やはり見た目は整っていて清楚系のおしとやかな雰囲気。そこから2人でカフェに行くことに。カフェで2時間ほどお互いの生い立ち等を細かく話したが、イマイチ盛り上がらない。カナミはこちらから質問しても、「イエス」か「ノー」で返すタイプで、話が続かないのだ。私はこの手のタイプから話を引き出すほどのスキルもないので、夕方だったが早々に居酒屋へと場所を移した。

 カナミはお酒が入ると多少饒舌になり、笑顔も増えてきた。そして気付くと外は夜になっており、その日はまた次会う約束をして別れた…。

 2回目のデートでもカナミの口数は少なく、私が一方的に話すことがほとんどだった。新宿でラーメンを食べ、渋谷でパンケーキを食べるというイマドキなデートをしたところで、夜は浅草のおしゃれな居酒屋へ。カウンターで何げない会話をしつつ私の酔いもいつも以上に回り、ついついカナミの整った顔をずっと見詰めて…。

 カナミは「何ぃ…? やだ〜」と一言。その一言に酔いもあってか興奮してしまった私は、「かわいいね…! 付き合うとかどうですか?」と、ちょっとはぐらかした感じに告白してしまった。

 するとカナミは照れ隠しなのか、お酒を飲みながら、「え〜〜…ん〜別にいいけどぉ…」と、あっさりOKしてくれた!!!

 そしてその日から、彼女とのカップル生活が始まったのだった。

 しかし、カナミとの関係は安いレモンサワーよりもあっさりで、味が全くなかった…。カナミとは何回かデートを重ねたものの、そのすべてが食べ歩きと映画鑑賞で終わるのみ。家に誘って優しく体を背後からお触りしようものなら、「胸がないから触らないで〜」と一蹴。「処女なので」とタッチを拒み、われわれの関係はまるで初めて付き合った中学生のようだった。

 LINEも1日1ラリー、カフェに入ってもほとんどしゃべらず、そんなデートを何回か重ねて4カ月、「これは果たして付き合っているのか?」と悶々と思っていたさなかのこと…。その日は仕事内の懇親会があり、私は幹事を任されていた。そして会場に向かおうとしたそのとき、一通のLINEが…、相手はカナミ。

 「最近、仕事でいろいろあってメンタル的にも疲れてて会える状況じゃないから別れてほしいんだ。。。急にごめんね」

 なんちゅうタイミングやねん!

 私は心全くここにあらずのまま会を必死に盛り上げ、その後、「今までありがとう。楽しかったです!」と返してカナミとの関係が終わった。

 おかげでいつも以上にメンタルはズタズタ。さすがはDaiGo監修というオチがついたのだった…。

関連記事(外部サイト)