木下優樹菜があっさり捺印した“離婚届”にフジモン大慌て

木下優樹菜があっさり捺印した“離婚届”にフジモン大慌て

(提供:週刊実話)

吉本興業タレント問題で世の中侃々諤々の議論がなされているが、これは、それとは全く違った話。

「“子は鎹(かすがい)”となるか、どうか微妙なところです」(芸能関係者)

 木下優樹菜(31)と、お笑いコンビ『FUJIWARA』の藤本敏史(48)のカップルは入籍して、もう9年。

「“ヤンキー”の優樹菜に、お笑い芸人の妻がつとまるハズもないと言われましたが、妻として、2人の女の子の母親として見事に切り盛りしています」(芸能レポーター)
 が、このところ夫婦ゲンカが絶えないという。

「ケンカの発端は、エアコンの風向きや温度、ご飯の軟らかさといった些細な事のようです」(テレビ局関係者)
 しかし、2人とも言い出したら後には下がらない性格。ケンカはどんどんエスカレートしていくという。

「手こそ出しませんが、口撃合戦は延々と続くそうです」(芸能ライター)
 やがて、口撃に疲れた藤本が“切り札”として密かに用意しておいた離婚届を突き出し、「もう離婚やっ!」と啖呵を切って、木下の口を封じさせようとしたところ…。

「木下はアッサリと署名したそうです」(芸能ライター)
 予想外の展開に慌てて離婚届を破り捨てる藤本。

「こういったシーンが、これまで5回くらいあったと、木下もフジテレビ系のトーク番組『グータンヌーボー2』の中で話していました」(芸能レポーター)

 ネット上では、《もう別れた方がいいのでは?》《子供が成長したら別れた方がいい》などの声が上がった。
「ま、どっちもどっちというところでしょうか。お互い、もう少し気が長くなればいいのですが、生来の性格は、そう簡単に直せるものではありません」(お笑い関係者)

 救いは、2人の娘の存在。
「先日、長女が子供向け玩具のCMでデビューしました。渡辺直美らと共演し、キレのあるダンスを披露しましたが、木下も藤本も娘たちを溺愛しています。子供たちから“仲良くして”とお願いされたら、聞き入れるしかないでしょう」(テレビ局関係者)

『南海キャンディーズ』の山里亮太が蒼井優を射止めたことで、このところ、お笑い芸人の“格”が上昇している芸能界。

「外で藤本は“謝ったら負けや”と豪語しているようですが、木下の方が“役者として一枚上”のような気がします」(同)

関連記事(外部サイト)