ナイナイ・岡村も取り込み吉本興業の覇権を狙う松本人志

ナイナイ・岡村も取り込み吉本興業の覇権を狙う松本人志

(提供:週刊実話)

闇営業問題に端を発した吉本興業のお家騒動を受け、元SMAP・中居正広(46)が、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(55)とナインティナインの岡村隆史(49)らとともに食事会を開いていたことを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、食事会は中居、松本、岡村と東野幸治(51)の4人が集まり先月28日に開催。騒動を受け、吉本芸人のトップである松本と、会社の今後について話し合う必要性を痛感した岡村が、中居に松本の連絡先を聞いたことからだったという。

 中居は岡村とフジテレビ系「めちゃ×2 イケてるッ!」、松本ととは00年の日本テレビ系ドラマ「伝説の教師」でW主演して以来交友があり、今回の橋渡し役となったといのだ。

「ダウンタウンとナイナイといえば、かつて松本が自著でナイナイを『チンカス』呼ばわりしてから距離があった。そのため、岡村は今回の騒動に対して距離を置こうとしていたようだが、『めちゃイケ』で共演していた極楽とんぼ・加藤浩次が加藤の乱を起こし吉本の上層部退陣を求め自身の退社をほのめかしたため、加藤の身を案じ松本に擦り寄ったようだ」(テレビ局関係者)

 どうやら、これで松本は岡村を取り込むことに成功したようだが、結局、現体制が強化されてお家騒動が収束しそうだというのだ。

 「松本は兄貴分である大崎洋会長の“火の粉”を振り払うのに必死。岡本昭彦社長は会見で失態をさらしすでに社長としての権威が失墜。今回の騒動を収めた松本がが芸人たちの信頼を勝ち取り一気に覇権を握ることになるだろう」(芸能記者)

 企業体質の改善は難しそうだ。

関連記事(外部サイト)