蓮舫議員の息子・村田琳が「蓮舫の息子」を前面に押し出すことにしたワケとは…

蓮舫参院議員の息子で俳優の村田琳が、8月5日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。村田は自身のツイッターで事前に番組出演を告知していたため、ファンの間では期待の声が高まっていた。

“大物の2世イケメン”として登場した村田が、蓮舫議員の息子であることを明かすと、出演者からは一斉に驚きの声が上がった。また、普段は40人以上の男性アイドルグループに所属していることや、母親がペンライトを振って応援してくれることなど、普段の蓮舫議員からは想像もつかない“裏の顔”も明らかにされた。

 ネット上では、
《蓮舫の息子 芸能界デビューしてたんか…》
《蓮舫の息子がアイドルだと イギリスにも留学してたとかいろいろすごいな》
《イケメンのウワサは聞いていたけど本当にイケメンだった》

 など、称賛の声が上がったが、一方で、
《2世タレントとしての優位性を全く感じない》
《母親のことは黙っていた方が良かったと思う》
《お前、一番になれる自信あるのかよ!》
 など、否定的な意見も殺到している。

「村田はこの7月にドラマ『ノーサイド・ゲーム』で、有馬真吾役で俳優デビューも果たしました。事務所もプロモーションにかなり力を入れているようですね。40人以上のメンバーの中から抜きん出るには、2世を明かした方が有利と考えたのでしょうが、視聴者の反応はかなり微妙なようです。蓮舫議員は元タレントとはいえ、現役の政治家。大物とはいえ民主党時代の負のイメージがいまだに払拭できているわけではありません。村田本人にマイナスイメージがつかなければいいのですが…」(芸能事務所関係者)

 蓮舫議員には、確かに二重国籍疑惑や事業仕分けのイメージが残っている。村田が個性派俳優としてやっていく分にはマイナスにはならないだろうが…。
「正統派のアイドルですからね…。2世を公表するまでに事務所内でもかなり話し合いが持たれたようですよ」(同・関係者)

 しばらくは母親ネタでバラエティー番組に引っ張りだこだろうが、問題はその後だ。芸能界はトップを目指す意気込みがなければすぐに消えてしまう。

 村田には「一番じゃなきゃダメなんです!」という強い意気込みを見せてほしいものだ。

関連記事(外部サイト)