激白!ヤクザに惚れた女たち「もう普通がよく分からない」(3)

★「今では友達からも羨望のま的」

元モデル・板野友代さん(仮名・34歳)

 今の旦那と付き合ってから本当に大変なことだらけで、今でも一日一回は別れてやろうと思いますよ。ただ、それでもなんで首の皮一枚でつながってるのかと考えると、やっぱり圧倒的に楽しいんだと思います、ヤクザの女ってのが。
 なにしろ一緒に飲みに行くにしても、一軒で帰るようなことは絶対になくて、焼肉、キャバクラ、ホスト、オカマバーとハシゴして、最後の締めに中華とか行って、昼まで遊び続けるじゃないですか。もちろん飲んでる最中は、いい加減にしてくれよと思ってるんですけどね(笑)。

 それに、格闘技だのライブだの招待される興行も多いですし、夏はBBQ、冬はゴルフと、とにかく年中通してイベント関係が途切れないじゃないですか。同じ演劇を観るにしても、一般席から眺めるのと関係者席に座るのじゃ全然違いますし、芸能人なんかにも会わせてもらえるしね。

 あと、極力頼まないようにしてますけど、若い衆が子供の送り迎えだったり、買い物の荷物持ちだったりしてくれるのも、地味にうれしかったり(笑)。

 特に最近はSNSで、そういう場面をまわりに見せることが当たり前になってますから、以前は「ヤクザなんかと付き合っていて大丈夫?」なんて心配してた友達からも、「あたしもホスト行ってみたいんだけど」って、うらやましがられてますよ。

 ただ、旦那はそういう面以外は本当にどうしようもないダメ人間で、あたしがいないとパンツの場所も分からないんですね。付き合った当初は、そんな旦那の一挙手一投足にいちいちムカついていたんですけど、10年以上も一緒にいるとさすがに耐性がついたのか、「この人にはあたしがいないとダメなんだなぁ」と思うことで、多少はかわいく見えてきたというか。

 まぁ、子供が3人いるので、もう1人でっかい子供がいてもそんなに変わらない感じですね(笑)。

関連記事(外部サイト)