小泉今日子 不倫相手の財政難に「1億円ヘアヌード」五十路の覚悟

小泉今日子 不倫相手の財政難に「1億円ヘアヌード」五十路の覚悟

(提供:週刊実話)

「もう私が脱ぐしかない!」と言ったかどうか? 不倫相手の豊原功補(53)とともに映画製作に乗り出し、財政難のため「3億円豪邸売却」と報じられた小泉今日子(53)が、さらなる資金調達策として“1億円五十路ヘアヌード”披露を決断したという。

 「小泉の資金難ぶりは、8月6日発売の『女性自身』が“推定3億円の自宅高級マンションを最近、売却した”と報じて表面化しました。小泉は自身が社長の制作会社『明後日』を持っていますが、最近、豊原らと共同で映像制作プロ『新世界合同会社』も立ち上げ、村上虹郎らが主演する来年公開の映画『ソワレ』のプロデュースを手掛けているのです。しかし、長期の和歌山ロケなどがあるこの作品、制作費が莫大とか。そのため小泉は、都心一等地の自宅を約3億円で売却。さらに移動も電車にしたそうです」(スポーツ紙記者)

 そうした中、急浮上したのが、脱ぐことによる巨額資金調達作戦という。
「愛する豊原とのタッグで今後も映画や舞台を作っていきたい小泉は、まとまった軍資金を必要としています。そうした状況を狙ってか、一部出版関係者から“1億円出すので、ヘアヌードになりませんか”という五十路全裸写真集の話がもたらされているのですが、これに、小泉は最近“1回くらいはいさぎよく脱ぎましょうか”とこぼしているとか」(同)

 小泉は子供を作らないまま2004年、永瀬正敏と離婚。昨年2月、妻子ある豊原と2015年頃から不倫交際していることを突然発表し、同時に大手芸能事務所『バーニングプロダクション』からの独立も宣言。芸能界に激震が走った。
「バーニングは芸能界最強の力を持つ事務所ですから、独立したら一気に厳しい境遇になるのは当たり前です。小泉はそうした中、昨年6月には女優休業を発表し、2020年に復活すると宣言したのです。おそらく、豊原と妻の別居が離婚成立要件を満たす5年に達するため、豊原との再婚をも睨み、2020年に復活するとしているのでしょう。サプライズ好きな小泉のこと、女優復活&再婚と同時に“1億円ヘアヌード”もトリプル発表する可能性がありますよ」(芸能プロ幹部)

 小泉と豊原の関係をめぐっては不透明な点も多い。5月には一部誌が、小泉の「おせっかい」ぶりに反発した豊原が、近くに別の部屋を借りたとして「同棲を解消した」と報じたばかり。
「しかし、7月30日にアップされたウェブ版『Forbes JAPAN』では2人揃って映画『ソワレ』ロケ地の和歌山でインタビューを受け、2ショットで海岸にたたずむ“恋人ショット”も撮らせています。気が強い2人ですから時に大げんかもありますが、映画や舞台制作にかける熱い思いは一致しており、同志的側面も強い。結局は一心同体のような関係だと思いますよ」(芸能ライター)

 実は小泉、豊原の巨大“下半身”にもゾッコンだと囁かれている。
「豊原は身長約180センチとガタイが大きく、ボクシングもしていた武闘派。映画業界では下半身の“いかつさ”は伝説として語り継がれています。小泉が不倫を公表したり、3億円の自宅を売却してまで豊原につくす裏には、彼の“巨チン”から離れられなくなっているという現実的理由もある。そんな豊原を逃さないためであれば、“五十路ヘアヌード”くらい平気でやると思いますよ。ジムで体を鍛えまくり、今でもミニスカを穿く美脚を維持、乳首もピンクといわれる小泉が脱げば、大波紋が起き、仕事も激増するでしょう」(同)

 キョンキョンが「アナタにつくしたい!」と言ったかどうかは定かではないが、1億円全裸ヌードが拝める可能性が大きくなってきた。

関連記事(外部サイト)