“お色気要員”として改めてそのナイスボディー注目が集まるMEGUMI

“お色気要員”として改めてそのナイスボディー注目が集まるMEGUMI

(提供:週刊実話)

強制性交罪で起訴され、今月2日に初公判が行われた新井浩文被告(40)が出演していたため、公開が延期になっていた、元SMAPの草なぎ剛主演の映画「台風家族」だが、6日から3週間限定で公開されることになった。

 同作は葬儀屋を営む両親の葬式に集まった4きょうだいとその周囲の人物が起こすドタバタ劇を描いたもの。草なぎが長男、新井被告が次男、今やすっかり売れっ子になった中村倫也(32)が三男、そして、長女役をMEGUMI(37)が演じている。

 「お蔵入りになりそうな同作でしたが、そうなっていたら大損失です。なんといっても、見どころはMEGUMIの体を張った演技。自慢のHカップが目立つ下着姿で家の中をウロウロしたり、そのHカップをもみしだかれ立ちバックで恍惚の表情を浮かべたり、今作のMVPでしょう」(映画ライター)

 MEGUMIは1999年にデビューし小池栄子(38)、佐藤江梨子(37)らとともに「イエローキャブ軍団」としてグラビアを席巻。その後、女優や歌手、さらにはバラエティーで活躍。プライベートでは08年にDragon Ashの降谷建志(40)とデキ婚。翌年第1子を出産した。「子どもがいるとは思えない見事なスタイル。以前の公称スリーサイズはB94・W60・H86センチでしたが、今もキープしているのではないでしょうか。映画『孤狼の血』でえは役所浩司演じる悪徳刑事と取調室で一戦交える役どころを演じるなど、“お色気要員”を演じっせたらピカイチ。ナイスボディーが再度注目されそうです」(同)

 スクリーンにMEGUMIを見に行こう!

関連記事(外部サイト)