工藤静香の二科展入賞に冷めた声…「ヤンキーが好きそうな色だなぁ」

工藤静香の二科展入賞に冷めた声…「ヤンキーが好きそうな色だなぁ」

(提供:週刊実話)

歌手の工藤静香が『第104回二科展』に入選し、9月9日に東京・六本木の国立新美術館で取材を受けた。1990年から出品した23回すべてで入選するほど“絵の達者”な工藤が今回出展したのは『心の華』と題された80号(縦145センチ、横112センチ)の油絵。砕け散る破片とその空いた穴から放たれる、真っ白でまぶしいほど強い光彩が印象的な作品だ。

 この工藤の快挙に、ファンからは、
《しーちゃん、素晴らしいお絵です》
《しーちゃんの心に咲く華、私たちファンの心にも、その色、その香りがしっかりと伝わって来ています》
《二科展に行って間近で絵を見せていただきました とても素敵な絵でした 一番輝いていました 吸い込まれそうな心奪われるような絵でした 色合いとかもしーちゃんってイメージがありますね》

 などと大絶賛の嵐。しかし、匿名掲示板では、
《何を表現してるのかよく分からない絵だなぁ》
《せっかくきれいな色なのに、この人の作品だと知ると「ヤンキーが好きな色だなぁ」て思う》
《工藤静香の絵なんて、ちょっと絵の勉強したことある人からすると、ぜーんぜんなんだって。むしろ、は?なにこれwこんなのが受かる?w と笑ってしまうらしい》

 など、絵そのものに対するツッコミから、
《入選は一般人でも10万で買える。芸能人なら芸能人枠があるから落選はない。それくらいの価値だよ》
《二科展は芸能人枠があって、入賞しやすい、と聞いたことある》
 などと、二科展に対する疑惑まで上がってしまった。

 工藤は作品の前に立ち、取材を受けたが、その写真が各メディアに載ると、服装や髪型についても好き放題書かれる始末。工藤は自分の髪の毛をセルフカットしているらしいが、入選した絵よりも髪型に注目が集まるならいっそ美容師に転職した方がいいかもしれない。

関連記事(外部サイト)