やくみつるの「シネマ小言主義」 人生のちっぽけなことに奇跡は宿る「アイネクライネナハトムジーク」

やくみつるの「シネマ小言主義」 人生のちっぽけなことに奇跡は宿る「アイネクライネナハトムジーク」

(提供:週刊実話)

本作は、いつも一緒に映画を見ているカミさんと意見が分かれた作品でして、彼女は「どこがクライマックスなんだか…」と、やや物足りなかった様子。一方で自分は、このまったりとした恋愛劇が案外好ましく、感情移入しつつ見ました。

 ごく普通のサラリーマン、佐藤を演じるのは三浦春馬。偶然出会って後に恋人となる紗季に多部未華子。この2人の10年越しの恋を描くのですが、「出会い」に焦点が当てられ、10年間のあれこれは一切描かれません。いきなり10年後に話が飛ぶのが、かえって面白い構成と言えます。

 映画の手法としては、いたってオーソドックス。主人公の他に、友人や同僚の人生もサイドストーリーとして並走しますが、その絡みの「力の抜け加減」がいい感じです。と言うより、出会いそのものよりも、「あの時、あの場所で出会ってしまった奇跡」がテーマです。

 自分を振り返っても、恋人や結婚、仕事、住む場所でさえ、意外と少ない選択肢から、なりゆきで選んだ結果です。カミさんとの出会いも、かつてある雑誌に「自分に関心を持った方、お手紙をください」と一言、ほんの気まぐれで書いてしまったことがきっかけ。タイミングがちょっとズレていたら、出会いようもなかったですから、考えてみれば不思議なもんです。

 さしてドラマチックな人生なんて送っていないですが、それも何気ないけど「奇跡的」な偶然のおかげで成立しているということに、あらためて気付かされました。

 キャスティングもいいですね。三浦春馬さんとは、昔一度、バラエティー番組でご一緒したことがあります。当時はちょっと中性的な、線の細い人という印象でしたが、年を重ねて骨太な存在感を増していますね。多部未華子の演技も、相変わらず達者です。

 さて、この映画は原作者である伊坂幸太郎も住む仙台市で全編、撮影されています。自分も仙台市には定期的に通っていた時期がありました。母が仙台市の施設に一時入所していた関係で毎月通い、そのたびに散策。なので、駅前の陸橋も懐かしく想い出されます。

 2人のきっかけは、ストリートミュージシャンの歌声に惹かれて立ち止まったことなんですが、その他の通行人は一瞥もくれずに2人の間を突っ切ります。自分には、それはできない。何か気まずくて、後ろを通るか、迂回しますよ。

 アイネクライネ〜という長いタイトルは、「小さな夜の音楽」という意味らしい。日々の小さなことに縁がつまっている、そんなメッセージを感じた映画でした。

画像提供元:(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

----------------------------
■アイネクライネナハトムジーク
監督/今泉力哉 原作/伊坂幸太郎 主題歌/斉藤和義 出演/三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造 配給/ギャガ 9月20日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。
■仙台駅前で街頭アンケートを集めていた会社員の佐藤(三浦春馬)は、快く応じてくれた女性・紗季(多部未華子)と出会い、付き合うようになる。その10年後、佐藤は意を決して紗季にプロポーズするが、果たして2人の出会いは、幸せな結末にたどり着けるのか。思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす。

********************
やくみつる:漫画家。新聞・雑誌に数多くの連載を持つ他、TV等のコメンテーターとしてもマルチに活躍。『情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)、『みんなのニュース』(フジテレビ系)レギュラー出演中。

関連記事(外部サイト)