噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 桜井ユキ(32)男次第で床上手にもなれる!?

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 桜井ユキ(32)男次第で床上手にもなれる!?

(提供:週刊実話)

今回取り上げるのは、遅咲きの演技派女優、桜井ユキ。NHKの〈よるドラ〉、『だから私は推しました』で、連ドラ初主演を果たしている。

 個性的な顔立ちで、目間が広く、前回取り上げた上白石萌音と同様、垂れ目の相でもあって、柔和でおっとりとした心性の持ち主だ。

 垂れ目のタイプが異なり、上白石のように眼形全体が垂れず、下瞼ラインだけが目尻部で下がる眼相は、フェチやSMなど性感・性戯のバリエーションが拓けやすく、相手次第で淫蕩にも床上手にもなれる発展家の相だ。

 また正面から鼻孔が覗くのはあけっぴろげで、野外での交わりや露出プレイに対する親和性もあり、男にとってはいろいろと期待を叶えてくれそうな女相ではある。

 口が大きく、口元の肉付きも豊かで口相に勢いがあり、スタミナは十分。大きな鼻孔はエネルギーや金銭の出し惜しみをしない豪放な一面を示していて、性愛に対しても大胆だ。

 唇が上下とも厚く、情愛豊かで、特に「与える愛」の上唇が厚いのは、フェラチオなど奉仕性技を惜しまない相。ただ、性ホルモンタンクの臥蚕の張りがあまりいいとは言えず、ドラマの画面で観る限りでは眼光もやや乾き気味で、エロス全開とは言い難い。

 また、彼女は鼻先に丸みが乏しく、これは性感が高まるまでに(前戯の)手間と時間がかかり、愉楽に没入しにくい相でもある。

 現時点での【淫乱度】は、やや高の「3」と観るが、体の相性や性の嗜好が合えば、男性側が実感する【淫乱度】は「4」にも「5」にもアップするだろう。【絶倫度】も高く、「4」。

 広い目間はおおらかで寛容な気質を表わし、セックスに関しては防御が甘く、求められるとつい応えて体を開いてしまう傾向が大。薄い眉にも好色性が観て取れ、【尻軽度】も「3」寄りの「4」とけっこう高めだ。

 先天的名器度の指標となる風門(耳穴の下のミゾ)は凡相ながら、後天的名器度が現れる口元の肉付きが素晴らしく豊か。惜しむらくは、口元の締まりがややユルいことで、広い目間もマイナス要素となって、【名器度】は「2」寄りの「3」。

 眉が吊り上がらず丸みを帯びているのと、臥蚕がおとなしいのがあげまん要素。しかし肝心の眼形が垂れ型で、金甲の張りがやや弱く、口も出っ張り気味で相が強く、これらすべてあげまん相とは逆で、【あげまん度】は「2」となった。

 彼女は眼球がやや出ていて、これは惚れた男には情熱的に尽くすものの、それがアダとなって縁を逃す後家相の1つ。また広い額も、知恵者ながら、後家相の代表格だ。女優に向いた強い相の持ち主ではあるが、離縁・再縁を繰り返しがちで、一度でおさまる結婚にはならないだろう。

***********************************
【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事(外部サイト)