地獄耳 女子アナ21名淫らな性癖と性生活(2)

地獄耳 女子アナ21名淫らな性癖と性生活(2)

(提供:週刊実話)

徳島アナの“パンモロ”露出癖

 日本テレビは、『24時間テレビ』でチャリティーランナーを務めた水卜麻美アナ(32)に、ドM疑惑が浮上中だ。
「早朝の『スッキリ』の生放送と、他のレギュラー番組、ナレーション録りなどの激務の間にトレーニングをしていたわけですから、追い込まれて喜びを感じるドMにしかできないミッションだったはずです」(前出・女子アナウオッチャー)

 『関ジャニ∞』の横山裕との熱愛報道以降、これといった男性の存在が見えてこないが、昨年11月には、「(男性を)養いたい。幸せにされたいなんて思わない。プータローじゃなくて夢を持っている人、一文なしから頑張っている人にお金を払いたい」と、ダメ男に子宮が反応してしまう、いけない体質の持ち主であることを自白している。
「そういう男は、単なるプータローで終わるもの。水卜アナは、ダメ男に引っかかって幸せになれない典型といえそうです」(同)

 この水卜アナと仲がよく、新婚にも関わらず今年のgWには一緒に箱根旅行に出かけたことが分かっている徳島えりかアナ(31)は、こんなスケべな素顔をのぞかせたことがある。
「『行列のできる法律相談所』の進行役を務めていた頃の話です。腹筋自慢のイケメンボクサーがスタジオに登場した時のこと。その肉体にニヤニヤが止まらなくなり、東野幸治に“触らせてもらい”と促され、6つに割れた腹筋のくぼみに揃えた2本の指を這わせるという、いやらしい触り方をしてしまい、東野に『どすけべアナウンサー!』と突っ込まれてしまいました」(テレビ雑誌記者)

 日テレで、最もパンチラ&パンモロを見せてくれている徳島アナには露出癖も噂される。本物の変態である可能性が高そうだ。

 派手なアピールこそ少ないものの、しっかり変態が生息しているのがTBS。
「2016年に10歳年上のTBSプロデューサーと結婚した林みなほアナ(29)は、インスタグラムに夫とのキス動画をアップしたことがある見せたがり。『いいね!』の数だけセックスするつもりだったと伝わっています」(同)

 ベテランの貫禄が出てきた出水麻衣アナ(35)は、相手を違えて、2度も“路チュー”写真が撮られている日本のテレビ史上、ただ1人の女子アナだ。
「2010年、高級イタリアンでのディナーのあと、住宅街の暗がりで何度も“路チュー”。結婚も視野に入れた真剣交際であることを認めましたが、その後、破局。そして5年後に、また“路チュー”をフライデーされました。タクシーの中で、そして、彼のマンションの前で、激しく何度も繰り返していたと言います。さすがにこの後、仕事が減ったようです」(スポーツ紙記者)
(明日に続く)

 古谷有美アナ(31)も、なかなか激しそうだ。
「今年3月にラジオのレギュラーを寝坊欠席。『人としてあるまじき過ちをおかしてしまいました』と大げさな謝罪をしましたが、その直後に、IT企業家の大金持ちの彼氏の存在が明らかになり、“セックスで爆睡していたのか”と囁かれました。透明感ある美しさと、スレンダー巨乳ぶりも注目されはじめていた古谷アナの“人としてあるまじきプレイ”とは、いったい、どんなプレイなのか大いに議論を呼びましたね」(同)

関連記事(外部サイト)