杏&東出昌大が明かした芸能人夫婦“イマドキ交代制子育て”術

杏&東出昌大が明かした芸能人夫婦“イマドキ交代制子育て”術

(提供:週刊実話)

女優でモデルの杏が先ごろ、都内で行われたダイヤモンドブランドのイベント『2019年 フォーエバーマーク賞』の授賞式に出席。この賞は“永遠の輝き”を放つ人に贈られ、過去には有村架純らが受賞している。

 4月生まれでダイヤモンドが誕生石という杏は「ダイヤモンドができるまでをひもといていくと、長い年月をかけて土の中で眠っていたものが空気に触れてよみがえるという、まるでタイムマシンのような時間の流れを直に感じることができる最たる宝石」と話した。

 今夏7月期の日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』で4年ぶりに連続ドラマに復帰した杏。2015年に東出昌大と結婚し、16年に双子の女の子を出産、17年に第3子の男の子を出産している。

 「双子の女の子なので同じものを2つ、自分からプレゼントできるようにお仕事も頑張って、自分の中の与えられるものを増やしていける存在になりたい」

 杏はこうも語っていたが、育児における東出との連携ぶりはバッチリだという。

 「杏さんは育児に関して『夫婦で協力しながらやっていくのがこれからのスタンダード』という考え方。東出さんも率先して育児に協力し、例えば子どもの入浴の場合、東出さんがまず1人をお風呂に入れ、きれいにしてから杏さんに渡す。杏さんがその子の体をふいている間に、もう1人を入れるというやり方をしているそうです」(芸能記者)

 東出は料理も得意で、いろいろと杏をサポートしているようだが、仕事面でもしっかり連携しているという。

 「昨年の東出さんは、出演した映画が6本公開されるなど超多忙でした。しかし、今年は仕事をセーブして、実質、育休状態。代わりに今年は杏さんが連ドラ出演など仕事を増やしていますね」(同・記者)

 デキ過ぎな夫婦だ。

関連記事(外部サイト)