オートレース ★川口『SG全日本選抜オートレース』の見どころ

オートレース ★川口『SG全日本選抜オートレース』の見どころ

(提供:週刊実話)

いよいよ本格的なオートレースシーズンに突入。川口オートを舞台に、10月10日より『SG第33回全日本選抜オートレース』が開催される。年末に向けたポイント争いもヒートアップするタイミングでもあり、見どころは尽きない。今回は、この5日間の優勝戦線について探っていきたい。

 当然、開催地の地元川口勢が脚光を浴びるが、近況を検証すると大ピンチである。2枚看板である永井大介、中村雅人がそろって低空飛行なのが大きな要因だ。永井は時折、素晴らしい動きを見せるが、それが長続きしない。愛車の折り合いがデリケートで、ちょっとした気温、路面温度の変化に左右される面が否めない。

 中村も遠征先でも目を疑いたくなる動きで、お世辞にも「好調」とはいえない。両者とも大きな整備を施してくるはずで、初日の気配に細心の注意を払いたい。

 この両者より近況の「ムード」がいいのが、佐藤摩弥である。先のGⅠプレミアムカップで優出し3着。ポイントを得て、年末の出場も見えてきた。ハンデ戦主体の今回、より一層期待は膨らむ。

 遠征組では鈴木圭一郎、青山周平の2強が地元にとっては大きな存在。余程の事がない限り、両者は必ずや優勝戦線に絡んでくる。両者はほぼ互角の評価だ。他では早川清太郎、髙橋貢、木村武之、金子大輔らも虎視眈眈と優勝戦線を睨むが、もうワンランク上の機力が求められる。

 地元勢がどこまで仕上げて青山、鈴木に挑むのか。ここが優勝争いのポイントになるのは間違いない。

 川口オートレースで『第33回SG全日本選抜オートレース』を10月10日(木)〜14日(月・祝)の5日間、開催する。

 年末のスーパースターに向けての賞金争いも熾烈を極める。地元・川口からは永井大介、中村雅人の2トップをはじめ、佐藤摩弥、森且行、若井友和らが出場予定で、鈴木圭一郎、青山周平、早川清太郎ら強力遠征勢を迎え討つ。

 場内では、13日にタレントの東国原英夫トークショー、14日には女優・歌手の麻丘めぐみ歌謡ショーなどイベントが盛りだくさんだ!

 開催を記念して、特製クオカードを10名にプレゼント。希望者は下記の応募要項を参照の上、応募して下さい。

【応募要項】郵便ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記の上、〒101-8488 (株)日本ジャーナル出版『週刊実話』「第33回SG全日本選抜オートレース」クオカード係

【締め切り】10月17日(木)当日消印有効

関連記事(外部サイト)