宮崎謙介氏、TOKYO MX『バラいろダンディ』でMCデビュー 炎上はMX想定済みか

記事まとめ

  • 元衆議院議員の宮崎謙介氏がTOKYO MX『バラいろダンディ』でMCデビューした
  • 宮崎氏は妻の金子恵美元衆議院議員の出産直前に“ゲス不倫”が報じられ、議員辞職
  • SNS上ではブーイングの嵐だが、MXは炎上させることで番組の宣伝効果を狙ったという

“ゲス不倫”宮崎謙介元衆院議員をMC起用したMXテレビの思惑

元衆議院議員の宮崎謙介氏が10月4日、『バラいろダンディ』(TOKYO MX)でMCデビューした。宮崎氏は2016年2月、妻の金子恵美元衆議院議員の出産直前に、女性タレントと“ゲス不倫”していたことを週刊誌に報じられ、議員辞職している。

 共演者から「3年前に何があったんですか?」と何度もツッコミを入れられた宮崎氏は「ウェブを調べてください」と返答。最後に「国会議員を辞職してから3年8カ月、こんな日が来るとは思わなかった。泣きそうになった」と感無量の様子だった。

 無事、MCデビューを済ませた宮崎氏は、さぞかしご満悦だったろうが、ネット上では、
《こいつ議員時代、育児休暇休業を取得したいとも言っていたよね。こんな奴テレビに出していいの?》
《宮崎がMC? 最低だろー》
《こいつ、汚点しかないのに恥というものを知らないのかな》
《バラエティー番組で女性の敵を起用したらダメだろ?》
 など、批判的な声が飛び交っている。

 「SNS上では大ブーイングの嵐になっていますが、MXもそこは想定済み。あえて、炎上させることで番組の宣伝効果を狙ったんだと思います。実際、5月には『5時に夢中!』で金曜MCを務める俳優・原田龍二の不倫が発覚しましたが、うまく笑いに変えて、今では何事もなかったかのように番組を続けていますからね。インテリで優男風の宮崎は、不倫騒動さえなければ女性ウケがいいのも確か。また、妻の金子も『意外と悪くないと言ったら変ですけど、早い段階で傷が深くなる前に1回そういうことがあると、むしろ絆が深まっていいのかなと私は思いましたけど』と、宮崎の不倫を許しているのも、起用にGOが出た一因でしょうね」(エンタメ誌記者)

 一方、妻の金子氏は6日、『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し「はっきりさせておきたいと思ってるのは、政治家は引退します」と公表。政治家引退を宣言している。

 「宮崎の不倫後、たびたび夫婦2人でテレビ出演していましたが、そのときにタレント業の“旨み”を覚えたのでしょう。世間からたたかれながら再び議員を目指すよりも、夫婦2人で芸能活動していった方が“おいしい”と考えたんでしょうね。実際、ミス日本に出場したこともある金子の需要は高く、今やコメンテーターとしても引っ張りだこです。夫婦2人でがっぽり稼ごうという算段じゃないでしょうか」(芸能記者)

 夫婦そろえって抜け目のないところはさすが、元政治家というわけか。

関連記事(外部サイト)