オートレース ★久々のSG制覇へ…お膳立てが整った中村雅人

オートレース ★久々のSG制覇へ…お膳立てが整った中村雅人

(提供:週刊実話)

9月の山陽プレミアムカップでは、お世辞にも状態がいいとは言えなかった中村雅人。しかし、地元川口に戻っての普通開催ではパーツ交換を施し、仕上がりが本格化してきた。

 10月1日の普通開催優勝戦では、後方からじっくり抜き上げ、終盤は池田政和とのマッチレースを展開。青旗1コーナーで池田を差すも、逆襲に遭い、ゴール前の直線勝負となったが、最後辛くも先着した。

 決して楽な勝ち方ではなかったが、中村らしい追い足が随所に垣間見られた。

 マシンについて「乗りやすい」と口にしており、愛車は明らかに変貌を遂げていたのは言うまでもない。

 中村にとってSG制覇は、2016年のオートレースグランプリまで遡る。今年は3月の特別GⅠプレミアムカップを制したものの、SG戦線では不完全燃焼の結果が続いていた。

 10月10日より開催の『SG第33回全日本選抜オートレース』の舞台は地元・川口オート。青山周平、鈴木圭一郎を真っ向勝負でまとめて「負かすことができる」レーサーの筆頭として期待される存在だ。その中村が、愛車の状態が右肩上がりなら、大きな期待を抱きたくなる。

 3年ぶりのSG制覇へ、お膳立ては整った。10周回をフルに使って「魅せる」中村の神髄を全日本選抜では堪能したい。

関連記事(外部サイト)