まいんちゃん福原遙“処女”イメージ打破のためセクシーショット挑戦!?

まいんちゃん福原遙“処女”イメージ打破のためセクシーショット挑戦!?

(提供:週刊実話)

“まいんちゃん”の愛称で親しまれている若手女優の福原遥が、セクシーショットに挑戦する話が急浮上している。

 「まいんちゃんは、広瀬すずや橋本環奈と同学年。人気はそこそこあるのですが、“存在感”という点では見劣りする。そこで今、2人を追い越すために、セクシー披露をやるのではないかと評判なのです」(アイドルライター)

 なぜ、彼女を“まいんちゃん”と呼ぶのか。その由来は、2009年の子役時代、NHKで放送された人気料理アニメ『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』で、主人公・柊まいん(声優&女優)を演じたからだ。

 「芸歴はすでに10数年。福原というと卓球の“愛ちゃん”を思い浮かべてしまうので、今でも“まいんちゃん”のままだとも。声優と女優の2つの顔を持っており、どちらも実力的には評価が高いのですが、人気でいえば、微妙な二刀流なのです」(同・ライター)

 声優の延長には歌手業もあり、それもカワイイ系の曲ばかり。また、ドラマでも、『声ガール!』(18年、朝日放送)、『コーヒー&バニラ』(19年、MBS)に美少女役で主演したが、それほど話題にならず…。

 「結局、福原の場合は女優と声優、歌手でもカラーがほぼ決まっている。美少女で無垢な感じ。そのため、エッチなイメージなんて子役並みにないのです。これではファンも偏ってしまいます」(アイドル雑誌編集者)

 やはり、色気がなければ“すず・かん”に追い付けないのも当然のこと。2人は美形に加え“巨乳”という売り物があるからだ。

 「確かに福原は巨乳の2人には対抗できないものの、こんもりとした中盛りの微乳が、むしろ“大きからず小さからずでいい”と評判です。本人もキャリアが長いだけに、一気に名前を上げたいと思っている。微乳&美乳を生かしてお色気アピールすれば、巻き返しの可能性は十分にあります」(同・編集者)

 おまけに彼女には、美乳以上に大きな売り物もある。それは“バージン”だということ。

 「交際経験はないと言っていますし、ウワサもない。彼女のファンたちからも“脱いで”のラブコールがあります。実現すれば一気に“すず・かん”を抜きますよ」(グラビア関係者)

“抜く”のはファンもしかりだろう。

関連記事(外部サイト)