ボートレース ★大詰め! 級別勝負がけの選手は?

ボートレース ★大詰め! 級別勝負がけの選手は?

(提供:週刊実話)

級別審査期間も大詰めの時期。ここでは級別勝負がけの選手をクローズアップして紹介する。

 今回は、群馬支部の秋山直之、静岡支部の服部幸男に注目したい。

 秋山は10月15日現在、津のGⅡに出走中で勝率は6・11。かなり微妙な数字である。秋山といえば、2008年後期を最後に継続してA1級にランクインして、まさにA1の安定株。そんな秋山がA2降格の危機を迎えているのだ。

 その足かせとなっているのが事故点。10月15日現在で0・56。正直、もう大きな負点が付けられない状況でもある。それでも無事故で乗り切れば大丈夫。

 今期の残りは、本号発売時では10月26日からの唐津一般開催の5日間。このシリーズで「事故せず、得点上昇」という課題がのしかかるが、秋山の実力をもってすれば、十分に克服可能である。

 そして、服部も10月15日現在では勝率6・18。秋山同様に津のGⅡに出走中で、期末ラストが26日からの下関GⅢマスターズリーグ。ここでA1級勝負がけとなる確率が高く、15年近く守ってきたA1級の「椅子」を守れるかどうか、大事な開催となりそうだ。

 この時期は、級別のボーダー近辺の選手の動向だけはしっかり把握しながら、レースを見ていきたい。

 ボートレース福岡で『週刊実話杯』を10月24日〜27日の4日間、開催する。濱野谷憲吾、丸岡正典を筆頭に豪華多彩なメンバーが集う。うねり水面を制するのは誰か、楽しみだ。

 最終日の27日(日)5レース終了後(12時45分頃〜)、8レース終了後(14時15分頃〜)場内のイベントホールで、歌手で女優の由美かおるのミニライブを行う。

 由美かおるといえば、今年、37年ぶりにアルバムをリリースし話題沸騰中。必見だ!

 なお、同レース場では『開設66周年記念競走 GⅠ福岡チャンピオンカップ』を11月9日〜14日まで開催する。

関連記事(外部サイト)