みひろのほろ酔い晩酌グルメ ★仔牛のTボーンステーキ

みひろのほろ酔い晩酌グルメ ★仔牛のTボーンステーキ

(提供:週刊実話)

仔牛のTボーンステーキ 内容量:約230〜250グラム 価格:1980円(税込) カナダビーフ館

 スカパーとYouTubeで『ゴルフわでしこ』という番組をやっていまして。今年中に100を切らないといけないミッションがあって、最近は暇を見つけては練習に行っております。

 1〜2時間、黙々とひたすら打ち続けていると、ゴルフの先生に教えていただいた意味が、感覚だけだけど少し分かってきた気がします。

 ひたすらゴルフの練習をしていたら、あっという間に1週間が経ち、気付いたら全然、晩酌してませんでした。わたしとしたことが…(笑)。ということで、1週間ぶりの晩酌タイムとまいりましょう!

 さて、今宵のおつまみは、カナダビーフ館さんの「仔牛のTボーンステーキ」でございます! Tボーンとは、T字の骨の左右にサーロインとヒレがくっついていて、同時に食べられちゃうお肉なんです!

 なんて贅沢なんでしょう。サーロインとヒレがくっついてるんですもの、ボリュームも半端ないですよ。1枚が私の手の平よりはるかに大きく、ものすごく分厚い! 塩、コショウとシンプルな味付けにして、中央がピンク色になるように表面を焼いていきます。

 まずはサーロインの方から、ひと口パクリ。おおっ、肉の弾力がすごい! お肉感が強いんですけど、脂身は少ないので、あっさりといただくことができます!

 そして、ヒレ肉はというと、「えええっ、嘘でしょ。一体なぜ?」と思わず言葉に出るくらい、めちゃくちゃ柔らかくて驚きました。

 非常にしっとりと柔らかいヒレ肉は、とろけるような旨味の中に甘みが感じられます。1枚のお肉なのに、骨を境にこんなにも味も柔らかさも違うんですね。

 このステーキに合わせて飲むお酒は、断然、赤ワインでしょう! タンニンの効いた渋く重ためのワインが好きなので、グビッと飲んではTボーンステーキを頬張る。この繰り返しが最高!

 そして、忘れちゃいけないのが骨の周りにこびりついてるお肉。なんでここのお肉って美味しいんだろう。ついついかぶりついちゃいますよね〜(笑)。

 大きなTボーンステーキでしたが、ひとりでペロッとたいらげちゃいました。久々の晩酌で心地よく酔って、明日への活力になりました。みなさんも、ぜひご賞味ください!

***************************************
PROFILE●1982年5月19日生まれ、新潟県出身、血液型A。T153、B82・W59・H84。趣味はショッピングと体の手入れ。「新みっひーランド みひなな食堂」がスカパー!で放送中。

関連記事(外部サイト)